保土ケ谷区版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

横浜国大 「バス乗り入れ」に感謝状 地域住民も日常的に活用

社会

バスの前に集まった関係者と大学職員ら
バスの前に集まった関係者と大学職員ら

 横浜国立大学(常盤台)ではこのほど、構内への市営バスと相鉄バス乗り入れ開始から1周年を迎えた。これを機に4月17日、学長の鈴木邦雄氏から、横浜市交通局と相鉄バス株式会社に感謝状が授与された。

 同大学では昨年3月末から、構内の5カ所にバス停を設置。横浜市交通局と相鉄バス株式会社の協力の下、近隣地区とキャンパスを結ぶ路線バスの運行を開始した。

 現在構内には、横浜駅から和田町を経由して同大学に向かう市営バスの201系統を始め、計3つの路線が設置され、通学や通勤に役立てられている。また地元住民にも広く活用されており、和田町駅方面などに向かう利用者の姿が多く見られるという。

「開かれた大学」の一環

 同大学では近年「開かれた大学」づくりに力を入れており、構内を近隣小学校の通学路として開放するなど、地域貢献に取り組んでいる。今春からは、全国でも珍しいキャンパス内の認可保育園を設置。バスの乗り入れも、こうした取り組みの一環として行われた。 4月17日に同大学で行われた感謝状授与式には、市交通局と相鉄バス株式会社の職員の他、地元の常盤台地区連合町内会の役員らも参加。鈴木学長は「バス路線の設置は、地域に開かれた大学づくりに大きく貢献してくれている。乗り入れにご協力くださった皆様に深く感謝します」と話していた。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

地域交流施設を完成

帷子町八ッ橋さん

地域交流施設を完成

2月1日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク