保土ケ谷区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

別大毎日マラソン 山口遥さんが優勝 川島町在住、初の栄冠

スポーツ

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena
力走する山口さん(写真中央)
力走する山口さん(写真中央)

 2月2日に大分県大分市と別府市で開催された第63回別府大分毎日マラソン大会女子の部で、区内川島町在住の山口遥さん(AC・KITA)=人物風土記で紹介=が2時間41分56秒で優勝した。

 別大毎日マラソンは、別府市と大分市をまたがるコースで男女が同時にスタートして行われる。東京都北区に本部を置くクラブチームAC・KITAに所属する山口さんは、一般参加として出場。これまでの自己ベストを大幅に更新し、2位に12分近い差をつけての優勝となった。自身9回目のフルマラソン挑戦にして、初の栄冠を手に入れた。

 好記録での勝利という結果に対し山口さんは「優勝はすごく嬉しい。自己ベストを更新することができ、ほっとしている」と笑顔を見せた。

地道な努力実を結ぶ

 山口さんは大学を卒業後、知人を介してクラブチームAC・KITAを知り入部。同チームでコーチを務める安田享平さんは「当時から走りが大きく、伸びる選手だと思った」とその才能を感じ取っていた。しかし、周囲の期待が大きかった分、本人はプレッシャーを感じてしまい伸び悩んだ。それでも「つらくても心から走りたくないと思ったことは1度もない」と、練習を続けてきた。今大会、その地道な努力が実を結んだという。安田コーチは「本人はだいぶ苦しんだと思う。結果が出て良かった。今後は、男子の川内優輝選手のように市民ランナーを代表する選手になってほしい」と更なる飛躍を期待している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

プルタブ回収 20年

くぬぎ台団地自治会

プルタブ回収 20年 社会

車椅子3台に

6月17日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月17日号

夏の決勝 保土ケ谷で

高校野球

夏の決勝 保土ケ谷で スポーツ

五輪開催で46年ぶり

6月10日号

27カ所が「危険」

区内バス停

27カ所が「危険」 社会

国交省が調査

6月10日号

コロナ禍で「つながり」重視

コロナ禍で「つながり」重視 社会

区が運営方針で示す

6月3日号

昨年につづき中止

宿場まつり

昨年につづき中止 社会

コロナ禍で「致し方ない」

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter