保土ケ谷区版 掲載号:2014年12月25日号 エリアトップへ

保土ケ谷シニアのOBで、現在社会人野球チームに在籍し将来を嘱望される 平尾 泰勢さん 常盤台出身 23歳

掲載号:2014年12月25日号

  • LINE
  • hatena

闘志あふれる若き努力家

 ○…大きな体に人懐こい笑顔を浮かべながら「公式戦の結果がイマイチで、実力が足りないな、と改めて感じました」と今年1年を振り返る。社会人野球・三菱日立パワーシステムズ横浜に所属し、来年で6年目。プロ球団入りへの期待の声が聞かれる中、自身の活躍については言葉の端々から悔しさをにじませ、目の奥からは来シーズンに向けた熱い闘志を感じさせた。

 ○…区内・常盤台出身。幼稚園児の頃、父親に少年野球の練習に連れていってもらったことがきっかけとなり、野球の世界へ。ピッチャーとしてマウンドに立ち、中学生になると硬式野球クラブ「保土ケ谷シニア」に入団。肘のけがから内野手へ転向すると、打撃の才能が花開く。ティーバッティングなどで1日500回バットを振ったほか、食事面にも気を使っていたという。「体が細かったので、昼食におにぎりを7個も食べたり、どんぶりでご飯を食べていました」とパワーの源を語る。2年生にレギュラーを勝ち取ると、徐々に打順を上げ、3年の秋に4番の座に。今も自負するパワーヒッターの礎は、この時築き上げられたものだ。

 ○…西区で寮暮らしをしながら練習で日々鍛錬を続ける中、2週間に1度は顔を出すという常盤台の実家が束の間の休息の場だ。両親が作ってくれる食事が何よりも楽しみだという。「2人とも料理が上手くて、父のステーキやハンバーグ、母のグラタンは小学生の時から大好き」と子どもらしさをのぞかせた。

 ○…来シーズンの目標を「公式戦打率3割」と掲げる。今年は「打ちたい」という気持ちが先走るあまり体が硬くなってしまい、結果が出ずさらに焦ってしまう悪循環に陥ってしまったという。監督に言われた「全部打てるわけではない。打てるボールを狙っていけ」という言葉を胸に、現在研鑚の時を過ごす。「死にもの狂いで練習し、レギュラーをつかみ取りたい」。若き才能が日の目を見る時は近い。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

梅本 千晶さん

シドモア桜の会 横浜の代表理事を務める

梅本 千晶さん

月見台在住

5月7日号

田所 幸雄さん

4月1日付で保土ケ谷防犯指導員連絡会の会長に就任した

田所 幸雄さん

和田在住 73歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

4月1日号

苅部 平吉さん

これまでに6基の神輿を自作してきた

苅部 平吉さん

西谷町在住 79歳

3月18日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter