保土ケ谷区版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

保土ケ谷区地域子育て拠点「こっころ」の2代目施設長を務める 諏訪 ひとみさん 保土ケ谷町在住 52歳

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena

多世代の交流の場に

 ○…NPO法人ピアわらべが保土ケ谷区からの委託を受けて運営している、区の総合的な子育て支援拠点「こっころ」。オープンから運営などに携わり、昨年10月2代目施設長に就任した。「自分ができることを精一杯やるだけ。子育て支援の輪を広げていきたい」と意気込む。開所からもうすぐ8年。「子育てを楽しみ、地域とつながる場に」と利用者を増やすことを考えてきた最初の5年。2期目と考える今は、「子育て中の親と子だけではなく、おじいちゃんおばあちゃん、さまざまな人が関われる場にしたい」と考える。理想は自然と人が集まる井戸端会議だ。

 ○…子育てに悩むママには、「一緒に考える」のがこっころのスタンス。「子育てに正解はないから、話を聞いて一緒に考える。ダメでもまた一緒に考えようと。一人じゃないよと伝えたいから」と思いは深い。「このしぐさ可愛いよね」と、スタッフが親に話しかける姿もよく目にする。「日々の生活だけで大変な時もあるけど、やっぱり子どもは可愛い、子育てって楽しいと実感してほしい」と話した。

 ○…生まれも育ちも横浜。年の離れたいとこが可愛くて、自然と幼稚園教諭を目指した。23歳の娘と20歳の息子の母であり、「子どもの可愛さ、子育ての大変さはいつの時代も変わらない」と実感する。息抜きは映画。最近観た作品「生まれる」は、「親子の絆や、自分の存在価値など深く考えさせられた」と言う。

 ○…最近は外国人の利用者も増えてきた。そんなとき利用者のママが、通訳を買って出たり、パンフレットを英訳してくれたりフォローしてくれた。また子どもが遊んでいる傍らで、ママたちが集まってストレッチをするなど、利用者同士の交流も生まれ始めた。「こんな流れで自然と子育てに悩むママに先輩ママがアドバイスをする。これこそが地域で子育ての意味だと思う」と目を細める。こっころの思いは着実に伝わっている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

麻生 民次さん

NPO法人保土ケ谷ガイドの会の会長に就任した

麻生 民次さん

峰岡町在住 74歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

62歳

9月2日号

古田 潤二郎さん

保土ケ谷歯科医師会の会長に就いた

古田 潤二郎さん

神戸町在住 57歳

8月26日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

8月19日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

中区真砂町在勤 77歳

8月12日号

平山 晴彦さん

横浜たちばなライオンズクラブの会長に就任した

平山 晴彦さん

44歳

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook