保土ケ谷区版 掲載号:2015年9月3日号
  • googleplus
  • LINE

中学生硬式野球ポニーリーグの全日本選手権を制した旭峰ベースボールクラブ総監督を務める 金子 元樹さん 今井町在勤 51歳

恩義重んずる豪傑

 ○…チームを率いて7年目の夏、悲願だった「日本一」の称号を手にした――。中学生硬式野球ポニーリーグの全日本選手権を制した「旭峰ベースボールクラブ」でタクトを振る総監督。チーム関係者いわく「普段は褒めた姿を見たことがない」という「鬼軍曹」だが、全日本タイトル奪取に涙し、褐色に焼けた顔にしわを寄せながら「子どもたちの頑張りに感激した」としみじみと話す。

 ○…「遊びといえば野球だった」。川崎市で生まれ育った少年は強豪・武相高校に進み3年時には関東大会で荒木大輔投手擁する早稲田実業を破ったチームの主戦として活躍した後、「二度と1年生には戻りたくなかった」と大学ではなくノンプロの道を選んだ。「全盛期」の24歳で結婚し、一男一女を設け、プロを目指したが27歳で社会人野球を引退。社に残る道もあったが、独立の道を模索した。

 ○…コーヒーサービス業に携わりながら資金を貯め、33歳の時に起業。40歳を前にしたある日、野球少年だった長男が高校進学を前にした一言が忘れられない。「武相で勝負したい」。自分の背中を追おうとしている息子の姿に心が揺れた。「嬉しかった」。その日の出来事は鮮明だ。

 ○…プロの世界への扉が開くチャンスが2度あった。1度目は高校時代。スカウトが自宅を訪れたが「恩義を大切にしていた人」という父親は「先に話しをくれた所に世話になれ」と頑として首を縦に振らなかった。2度目は24歳の時。都市対抗での活躍が評価され、10球団から声がかかったが、「会社の事情」でドラフト前に全球団に断りを入れている。「挑戦してみたい思いはあった。でも育ててもらった会社に対する恩もある」。父親譲りの「恩義の精神」を貫いた。「プロの選手にはなれなかったけれど、いまは監督業が生業のプロの監督。好きなことを仕事にできる人なんてそうそういない。幸せな人生だよな」。豪快に笑った。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

五十嵐 公さん

ほどがやガイドボランティアの会の会長を務める

五十嵐 公さん

4月12日号

堀井 恒雄さん

世界緑茶コンテストで金賞に輝いた

堀井 恒雄さん

4月5日号

湯澤 千里さん

3月末に「らくご人形劇」を主催する「ひとのまプロジェクト」実行委員長

湯澤 千里さん

3月22日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

3月15日号

尾崎 栄治さん

ハングリータイガー保土ケ谷本店に草創期から50年近く勤務する

尾崎 栄治さん

3月8日号

小久江 清治さん

「保土ケ谷古文書の会」の会長を務める

小久江 清治さん

3月1日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

糖尿病のいろは

保土ケ谷中央病院

糖尿病のいろは

4月23日、24日

4月23日~4月24日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク