保土ケ谷区版 掲載号:2016年3月24日号 エリアトップへ

ファミマ国大東店 ろう学生を雇用 バイト就労の一助に

経済

掲載号:2016年3月24日号

  • LINE
  • hatena
手際よく働く守沢さん(左)と川口さん
手際よく働く守沢さん(左)と川口さん

 峰沢町のファミリーマート横浜国立大学東店(手島博店長)で、近隣に位置する横浜市立ろう特別支援学校高等部に通う守沢結愛さん(1年)と川口穂菜美さん(3年)が、アルバイトとして勤務している。

 毎朝、学童誘導を行うなど同校と日頃から交流があった手島店長は、授業見学で垣間見た生徒の「集中力」に感銘を受け、「レジ以外は全てできるはず。バイトを探す生徒の力になれば」と高等部から2人のアルバイト採用を検討し、昨年同校に提案した。

 昨年10月から働く守沢さんは、過去にファストフード店のアルバイト募集に応募をしたものの、聴覚の問題から不採用に。教員に相談し、同店を紹介された。「はじめは不安だったけど、自分でできる仕事だから楽しい」と笑顔を見せる。守沢さんの話を学校で聞き、今年1月から働く川口さんは「皆優しく、良い環境。働くことが楽しい」という。

 2人を雇用したことで、「親身に教えようと従業員の意識が変わり、店の雰囲気も明るくなった」と話す手島店長は、研修前から従業員らに「健常者と同じように扱う」ことを呼びかけ、「密なコミュニケーション」をはかることに重点を置いた。

 従業員らは助けを求める手話だけ把握し、現在もボディランゲージと筆談でコミュニケーションをとっている。客への説明は、レジに貼った1枚のポスターのみ。「溶け込んで働いており、クレームが出たことは1度もない」という。

 研修を担当したマネージャーの阿武雅史さんは「居場所を確保するためには自分たちの優れた部分を」と考え、通常は3日で終わる検品や品出しの作業を1週間かけて丁寧に指導した。「明るく、集中力があり、質の良い人材。今回の採用はプラスに働いた」という。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

暦挿絵に障害者の力作

偕恵いわまワークス

暦挿絵に障害者の力作 社会

テーマは「私の好きな人」

12月5日号

ボッチャの魅力発信

保土ヶ谷小4年1組

ボッチャの魅力発信 教育

PTA主催のイベントで体験会

11月28日号

J1復帰決まる

横浜FC

J1復帰決まる スポーツ

2007年以来13年ぶり

11月28日号

青染めで昇格後押し

サッカーJ2横浜FC

青染めで昇格後押し スポーツ

最終戦で1万人にシャツ配布

11月21日号

地域特性の坂道に着目

保土ケ谷区福祉保健課

地域特性の坂道に着目 社会

健康ウォーキングマップ刊行

11月21日号

環境絵日記で優秀特別賞

瀬戸ヶ谷小6年安藤さん

環境絵日記で優秀特別賞 社会

「つながり」をテーマに描く

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク