保土ケ谷区版 掲載号:2016年3月24日号 エリアトップへ

ファミマ国大東店 ろう学生を雇用 バイト就労の一助に

経済

掲載号:2016年3月24日号

  • LINE
  • hatena
手際よく働く守沢さん(左)と川口さん
手際よく働く守沢さん(左)と川口さん

 峰沢町のファミリーマート横浜国立大学東店(手島博店長)で、近隣に位置する横浜市立ろう特別支援学校高等部に通う守沢結愛さん(1年)と川口穂菜美さん(3年)が、アルバイトとして勤務している。

 毎朝、学童誘導を行うなど同校と日頃から交流があった手島店長は、授業見学で垣間見た生徒の「集中力」に感銘を受け、「レジ以外は全てできるはず。バイトを探す生徒の力になれば」と高等部から2人のアルバイト採用を検討し、昨年同校に提案した。

 昨年10月から働く守沢さんは、過去にファストフード店のアルバイト募集に応募をしたものの、聴覚の問題から不採用に。教員に相談し、同店を紹介された。「はじめは不安だったけど、自分でできる仕事だから楽しい」と笑顔を見せる。守沢さんの話を学校で聞き、今年1月から働く川口さんは「皆優しく、良い環境。働くことが楽しい」という。

 2人を雇用したことで、「親身に教えようと従業員の意識が変わり、店の雰囲気も明るくなった」と話す手島店長は、研修前から従業員らに「健常者と同じように扱う」ことを呼びかけ、「密なコミュニケーション」をはかることに重点を置いた。

 従業員らは助けを求める手話だけ把握し、現在もボディランゲージと筆談でコミュニケーションをとっている。客への説明は、レジに貼った1枚のポスターのみ。「溶け込んで働いており、クレームが出たことは1度もない」という。

 研修を担当したマネージャーの阿武雅史さんは「居場所を確保するためには自分たちの優れた部分を」と考え、通常は3日で終わる検品や品出しの作業を1週間かけて丁寧に指導した。「明るく、集中力があり、質の良い人材。今回の採用はプラスに働いた」という。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

ブロック塀対策足踏み

市立小通学路

ブロック塀対策足踏み 社会

「改善」1割未満

9月24日号

核人材の発掘・育成へ

地域活動ICT活用

核人材の発掘・育成へ 社会

区が独自の支援策

9月24日号

「湯立」で疫病退散願う

「湯立」で疫病退散願う 社会

和田杉山神社で伝統神事

9月17日号

ひまわりの種、福島へ

NTT東日本神奈川グループ

ひまわりの種、福島へ 社会

保土ケ谷公園で収穫作業

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

川島町産ぶどうでワインを

川島町産ぶどうでワインを 社会

200本を醸造予定

9月10日号

羽沢保育園 常勤保育士募集!

自分が働きたい保育園を探すのは楽じゃない、という人集まれ!

https://www.hazawa.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク