保土ケ谷区版 掲載号:2017年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

相鉄線下り線 踏切遮断時間19分短縮 高架化の効果公表

社会

 相模鉄道(株)(滝澤秀之社長)は今年3月5日に下り線の星川駅から天王町駅周辺の約1・8Kmで行った高架化により、平均で踏切遮断時間が19分、渋滞の長さが185m短縮したという、事業効果調査の結果を公表した。

 下り線が高架化された連続立体交差事業で整備が進められているのは、星川6号踏切付近から天王町1号踏切付近までの区間で、当該区間は朝夕のラッシュ時には1時間のうち遮断時間が40分を超えるいわゆる「開かずの踏切」状態の箇所も多かった。

 今回は9つの踏切のうち6カ所を対象に調査を実施。その結果、高架化前の1999年に実施した同様の調査に比べ、各踏切での1時間当たりの遮断時間の最大値の平均が49分から30分になった。最も短縮効果が認められたのは星川3号踏切で25分短縮され、31分となっている。

渋滞も短縮

 1日当たりの渋滞の長さに関する調査でも、平均が275mから90mになり67%の短縮。星川2号踏切では以前、400m近かった最大渋滞長が150mまで短縮されている。

 同社広報担当は「しっかりとした事業効果が確認できた。高架化で事故の確率も低くなり、周辺住民の方からの喜びの声も届いている」としている。

上り線は18年秋

 現在工事が進められている上り線の運行が高架に切り替えられ、9カ所の踏切が除去されるのは、2018年秋となる見通し。その後、既存線路の撤去や天王町駅、星川駅の改築工事、周辺道路などの整備を進めるとしている。
 

遮断時間が25分短縮された星川3号踏切
遮断時間が25分短縮された星川3号踏切

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

悲願のJ1昇格へ船出

サッカーJ2横浜FC

悲願のJ1昇格へ船出

2月22日号

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月22日号

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

梅の花が見ごろ

保土ケ谷公 園

梅の花が見ごろ

週末にはイベントも

2月24日~2月24日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク