保土ケ谷区版 掲載号:2017年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

洪福寺松原商店街の理事長に就いた 伊藤 彰芳さん 釜台町在住 49歳

固定概念に縛られない

 ○…「ハマのアメ横」と呼ばれ、行き交う人と店主が繰り広げるやりとりは、どこか懐かしく「昭和」の雰囲気を醸し出す。戦後間もない1950年、5つほどの店が露店で商いを始めたのが、その源とされる洪福寺松原商店街で靴店を営む3代目。「先人が築き上げてくれた歴史や文化を守りつつも、若い発想を取り込みながら、より魅力的な商店街にしていきたい。引っ張るというよりは、後押しするスタンスで」。今春、理事長職に就き、新たな一歩を踏み出した。

 ○…「毎日が暮れ並みに『ワサワサ』した感じだった」。幼少期から店に立ち150店舗が軒を連ねた活気溢れる商店街の姿が目に焼き付いている。各地で商店街の地盤沈下が叫ばれる中、現在でも「人を集める商店街」として度々、メディアで取り上げられる「勝ち組」だが、「あの頃の姿を知っていると今はまだ静かなもの。お客さんの世代も変わってきている。こちら側も変わらなきゃ」

 ○…靴の小売りチェーンでの修業時代、「やるならトップを獲る」と心に誓いを立て、全国トップの成績を上げた。自分に課した目標は曲げない心の強さがある。商店街では同世代の仲間とともにユニークな企画を数々立案。上層部から反対を受けることもあったが、スルリと受け流しながら実行したことも数知れない。話し振りも見た目も柔和な印象を抱くが、時より見せる目力の強さに心の奥底に常在する熱さを感じさせる。

 ○…カメラを手に夜な夜な街を散策し、夜景を撮影するのが趣味のひとつ。ただ煌びやかな夜景撮影には興味はない。露出や設定をいじり、目指すのは「面白い写真」。「決まったことをするだけじゃつまらない」。個性豊かなキャラクターの店主が昔から多いという商店街で育ってきたからだろうか、固定概念に縛られないリーダーが仲間とともに今後、繰り広げる「松原劇場」に心の「ワサワサ」感が止まらない。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

塩川 藤吉さん

神奈川県美化運動推進功労者表彰を受賞した

塩川 藤吉さん

1月4日号

渡辺 義雄さん

保土ヶ谷駅東口商店会の会長で駅伝応援キャンペーンの実行委員として牽引する

渡辺 義雄さん

1月1日号

福原 礼子さん

20年以上にわたり認知症予防の「ミュージック脳トレ講座」を指導している

福原 礼子さん

12月14日号

片山 重勝さん

栗の沢西自治会会長で今年「環境大臣表彰」と「市公園愛護会表彰」を受けた

片山 重勝さん

12月7日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

11月30日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 毎日の歯磨き

    保土ケ谷歯科医師会連載コラム(27)あなたの街の歯医者さんが教えます―

    毎日の歯磨き

    たかえす歯科医院 高江洲 慶 

    1月11日号

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク