保土ケ谷区版 掲載号:2017年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

川辺町在住銭本さん 将棋全国大会で3冠 豊富な実戦経験生かし

教育

3冠を喜ぶ銭本さん
3冠を喜ぶ銭本さん
 川辺町在住の銭本裕生(横浜高校3年)さんが、夏休み期間中に行われた「第30回全国高校将棋竜王戦」で初優勝した。2月の高校文化連盟将棋新人大会と8月初旬の全国高校選手権と合わせ、高校の全国大会3冠という快挙を達成した。

 決勝トーナメント当日、最初の戦いは午前7時40分から始まった。負けたら終わりという緊張感の中、銭本さんは、危なげなく勝ち進んだ。

 決勝戦は伊藤学園甲斐清和高校(山梨県)2年の福田洸大さんと顔合わせた。中盤は攻められ「ずっと苦しかった」という銭本さん。勝負手の連続だったが、徐々に形勢を盛り返し福田さんを追い詰めた。「ヘトヘトになったけど、竜王戦で結果を残せたのは嬉しい」と優勝の喜びを話す。

 持ち時間各10分で、使い切ると30秒将棋となる高校将棋竜王戦。長考派の銭本さんにとって、あまり得意ではない大会だった。昨年は神奈川県予選で敗退。「納得いくまで考えることができないので、早く攻めきることを心がけた」と今大会を振り返る。

 3年間、銭本さんの成長を見守った将棋部顧問の宮田潔教諭は「無意識のようだか、大会によって戦い方を変えるようになった。勝ち方の幅が広がった」と評価する。

 銭本さんは日ごろから高校生の大会だけでなく、一般の大会にも積極的に出場。また、宮田中学時代から通う蒲田(東京都大田区)の将棋道場でも、強豪相手に実戦を積んで勝負勘を養ってきた。「様々な対局で揉まれてきた経験が、今大会で生きた」と宮田教諭。3歳上の兄との対局は、教わる気持ちで臨むとも。「身近に指せる人がいたのは大きい」と感謝の念がにじむ。常に強い対局相手を求め、さらなる高みを目指す。

次は大学選手権で

 大学に進学する銭本さんが次に狙うのは「大学生でしかとれない大学選手権のタイトル」。先を読み戦略を練る将棋の楽しさに魅せられている限り、研鑽の日々は続く。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

地域交流施設を完成

帷子町八ッ橋さん

地域交流施設を完成

2月1日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク