保土ケ谷区版 掲載号:2017年10月26日号
  • googleplus
  • LINE

横浜国立大学の大学祭「常盤祭」の実行委員長を務める 鈴木 晟太さん 経営学部経営学科3年 21歳

楽しさを原動力に

 ○…学内外約150団体が出演や出店する常盤祭の実行委員長を務める。「来場者はもちろん、学生も実行委員も三者が楽しめる大学祭にしたい」と、意気込む。今年のテーマは、「ワンダーランド」。広大で木々に囲まれた校内はまるで森のような魅力があるが、目印がわかりにくく迷うことも多い。「イメージは不思議の国のアリス。いろいろなブースがあるので、迷いながら楽しんでほしい」と、負の部分をあえてプラスに考えた。

 ○…高校生の時に文化祭実行委員会を経験し、大学祭に興味をもった。「参加した新歓コンパで先輩が、”高校の経験はこうやって活かせるよ”と具体的にアドバイスをくれて、サークル選びの選択肢の一つとして考えてと話してくれた。当然勧誘されると思っていたから、その感じがとてもカッコよくて」と思わず熱がこもる。昨年は参加団体を受付する総務を担当。大学との折衝が多い委員長の仕事は大変だが、「昨年の経験が役に立っている」と自信を持って話す。

 ○…東京都国立市の出身。幼少期にピアノとマリンバを習い、音楽が身近な存在に。中学・高校では陸上部に所属し、高校では文化祭の時期になるとバンドを結成。「陸上とバンド、それぞれが片方の活動の息抜きになっていた」と懐かしむ。会社の経営に興味を持ち、経営学部に進学。横浜国大の魅力について「地方出身の人が多くて世界が広がる」という。

 ○…実行委員会は、1・2年が主体となり会議が開かれている。「自分たちができなかったことを実現してすごい部分もあるし、頑張っている姿がとても嬉しい」と讃える一方で、「困ったときは頼ってほしいんだけど、自分からはどうやって声をかけたらいいものか」という悩みも。そんな頑張り屋の後輩に贈るエールは、「楽しさは原動力なる、だから楽しく活動を」。取材中、終始笑顔が絶えない理由がわかった。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

三村 秀樹さん

日本人として初めてアイルランド大統領功労賞を受賞した

三村 秀樹さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

塩川 藤吉さん

神奈川県美化運動推進功労者表彰を受賞した

塩川 藤吉さん

1月4日号

渡辺 義雄さん

保土ヶ谷駅東口商店会の会長で駅伝応援キャンペーンの実行委員として牽引する

渡辺 義雄さん

1月1日号

福原 礼子さん

20年以上にわたり認知症予防の「ミュージック脳トレ講座」を指導している

福原 礼子さん

12月14日号

片山 重勝さん

栗の沢西自治会会長で今年「環境大臣表彰」と「市公園愛護会表彰」を受けた

片山 重勝さん

12月7日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 毎日の歯磨き

    保土ケ谷歯科医師会連載コラム(27)あなたの街の歯医者さんが教えます―

    毎日の歯磨き

    たかえす歯科医院 高江洲 慶 

    1月11日号

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク