保土ケ谷区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS MMキャンパスの新学部発表 神奈川大が開業見据え

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
建設準備に入るみなとみらいキャンパス
建設準備に入るみなとみらいキャンパス

 2021年4月からみなとみらい21地区(MM)の43街区に新キャンパスを開業する神奈川大学はこのほど、「国際日本学部」の創設が文部科学省に受理されたことを発表した。同学部は20年4月から横浜キャンパス=神奈川区六角橋=に開設された後、21年4月からは「みなとみらいキャンパス」に移転する。

グローバル教育に重点

 同学部は、「文化交流―多文化共生―コミュニケーション」をキーワードに「国際文化交流学科」「日本文化学科」「歴史民俗学科」の3学科からなり20年4月に向けて、合計300人の募集を行う。既に設置されている外国語学部国際文化交流学科は、同学部に吸収され20年度以降の学生募集を停止する。

 新キャンパスは同学部のほか、既設している外国語学部と経営学部も移転する方針。経営学部は「国際経営学部」への名称変更も構想していることから、国際系の学部を集約し、グローバル教育に重点を置く。

 展開される学びは、近隣の文化施設や行政機関、世界的規模で事業を展開する企業などとの連携を予定している。18年には、MMにある(株)横浜グランドインターコンチネンタルホテルと包括協定を結び、ホテルの従業員が講師として出前授業を行うなど交流が進んでいる状況だ。

 同大学は、1928年に中区桜木町にあった横浜学院に始まり、2年後に現キャンパスがある六角橋に移転した。創立80周年を迎えた08年には、全国的に学生の獲得競争が激化する中で、競争力、ブランド力を高める将来構想を計画。その一環として、MMへの新キャンパスの建設が決められた。

 同大学の千葉陽史広報部長は「開港都市横浜の歴史が残りつつ、国際都市として新たなビジネスが集積するみなとみらい21地区で地の利を活かした学びを展開していきたい」と意気込みを話した。
 

保土ケ谷区版のコラム最新6

こんにちは区長です。

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出 社会

11月26日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.432

ミルキーJr.モカのほどがや

「冬の花」

11月19日号

私の「横浜大空襲」

特別寄稿【1】

私の「横浜大空襲」

筆者/市村孝さん(87歳・当時旧制中学1年生)

11月12日号

交通事故防止へ講習

交通事故防止へ講習

置田運輸株式会社

11月5日号

無料訪問歯科検診のお知らせ

あなたの街の歯医者さんが教えます―

無料訪問歯科検診のお知らせ

11月5日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク