保土ケ谷区版 掲載号:2020年3月5日号 エリアトップへ

(PR)

まぶたのたるみ、目の下のクマ、膨らみなど 目もと老化のタイプ別治療法

掲載号:2020年3月5日号

  • LINE
  • hatena
佐々木直美院長
佐々木直美院長

 まぶたのたるみやクマのせいで、実年齢よりも老けて見られる、とお悩みではないだろうか?これらは目もとの老化サインという。悩みに応じた治療法を「聖心美容クリニック・横浜院」の佐々木直美院長に聞いた。

 最近、目が開けにくくなってきたと感じたら「眼瞼(がんけん)下垂」の可能性があるという。加齢や、ハードコンタクトレンズの使用、長時間のパソコン使用などで、まぶたを持ち上げる筋力が低下するのが原因で、症状が軽〜中程度であれば、改善がはかれる「眼瞼下垂(埋没法)」が適しているという。

 「皮膚の状態や仕上がりまでイメージするので、美しい目もとがよみがえります」と佐々木院長は話す。まぶたのたるみが重度の場合は「眉下リフト」を提案することも。加齢で二重ラインが狭くなってきた、上まぶたが厚く腫れぼったい方にも適しているという。眉毛下ラインに沿って皮膚を切開するので、傷跡が目立ちにくいのが特長だ。一人ひとりの目の形や症状に合わせて施術する。目もとの印象を変えることなく、自然な仕上がりになるという。

 目の下のクマや膨らみが目立ってきた場合は「目の下の脂肪取り」が適しているそう。加齢により起こるこれらの症状は、眼球の下にある眼窩(がんか)脂肪が押し出されてできたものだ。この脂肪を、まぶたの裏側から取り出すことで、クマや膨らみが改善できるのだという。「皮膚を切らない施術のため、傷跡の心配もなく、術後の腫れもほぼないので、翌日からメイクも可能です」と佐々木院長。

-・-・-・-・-・-

 「当院では医師が最適な治療法をご提案します。お気軽にご相談ください」

聖心美容クリニック 横浜院

横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1谷川ビルANNEX7F

TEL:0120-456-528

https://www.biyougeka.com/

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

国・県・市の連携で地域の課題解決

国・県・市の連携で地域の課題解決

立憲民主党 神奈川6区 保土ケ谷支部

1月21日号

弁護士らによる無料相談会

1月23日(土)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 横浜市西公会堂

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

「日曜法話会」開催

妙法院

「日曜法話会」開催

仏教に親しむ

1月7日号

「自己判断せず、治療は継続を」

「健康の第一歩は『健口』から」 保土ケ谷区歯科医師会

「自己判断せず、治療は継続を」

「歯科治療は不要不急ではありません」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク