保土ケ谷区版 掲載号:2020年3月5日号 エリアトップへ

(PR)

まぶたのたるみ、目の下のクマ、膨らみなど 目もと老化のタイプ別治療法

掲載号:2020年3月5日号

  • LINE
  • hatena
佐々木直美院長
佐々木直美院長

 まぶたのたるみやクマのせいで、実年齢よりも老けて見られる、とお悩みではないだろうか?これらは目もとの老化サインという。悩みに応じた治療法を「聖心美容クリニック・横浜院」の佐々木直美院長に聞いた。

 最近、目が開けにくくなってきたと感じたら「眼瞼(がんけん)下垂」の可能性があるという。加齢や、ハードコンタクトレンズの使用、長時間のパソコン使用などで、まぶたを持ち上げる筋力が低下するのが原因で、症状が軽〜中程度であれば、改善がはかれる「眼瞼下垂(埋没法)」が適しているという。

 「皮膚の状態や仕上がりまでイメージするので、美しい目もとがよみがえります」と佐々木院長は話す。まぶたのたるみが重度の場合は「眉下リフト」を提案することも。加齢で二重ラインが狭くなってきた、上まぶたが厚く腫れぼったい方にも適しているという。眉毛下ラインに沿って皮膚を切開するので、傷跡が目立ちにくいのが特長だ。一人ひとりの目の形や症状に合わせて施術する。目もとの印象を変えることなく、自然な仕上がりになるという。

 目の下のクマや膨らみが目立ってきた場合は「目の下の脂肪取り」が適しているそう。加齢により起こるこれらの症状は、眼球の下にある眼窩(がんか)脂肪が押し出されてできたものだ。この脂肪を、まぶたの裏側から取り出すことで、クマや膨らみが改善できるのだという。「皮膚を切らない施術のため、傷跡の心配もなく、術後の腫れもほぼないので、翌日からメイクも可能です」と佐々木院長。

-・-・-・-・-・-

 「当院では医師が最適な治療法をご提案します。お気軽にご相談ください」

聖心美容クリニック 横浜院

横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1谷川ビルANNEX7F

TEL:0120-456-528

https://www.biyougeka.com/

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

背柱管狭窄症、坐骨神経痛

背柱管狭窄症、坐骨神経痛

「薬やマッサージで良くならない方は!」

9月24日号

ブロック塀改善工事に補助

横浜市

ブロック塀改善工事に補助

今年度の事前相談は10月31日まで

9月24日号

免許返納で特典

満天の湯

免許返納で特典

高齢運連者の事故増加受け

9月24日号

国内初、口座と紐づくタッチ決済

はまPayが114万店舗で利用可能に

国内初、口座と紐づくタッチ決済

スマホで「お金の管理」の新しい形を

9月17日号

供養を大切にする方の永代供養墓

西横浜駅から徒歩10分 円満寺

供養を大切にする方の永代供養墓

10月4日 無料の説明・相談会

9月17日号

弁護士らによる無料相談会

9月26日(土)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 西公会堂

9月17日号

羽沢保育園 常勤保育士募集!

自分が働きたい保育園を探すのは楽じゃない、という人集まれ!

https://www.hazawa.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク