保土ケ谷区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

横浜FC 消毒液やマスクを寄贈 市通じ福祉作業所などに

社会

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
物資を手渡す上尾COO(左)
物資を手渡す上尾COO(左)

 川島町に拠点を構えるサッカーJ1・横浜FCの上尾和大代表取締役社長COOが8月21日、横浜市役所を訪れ、消毒液やマスクなど、コロナ対策支援物資を寄付した。

 同クラブではこれまで県内の小学生らをホームゲームに招待する社会貢献活動を行ってきたが、コロナ禍で試合の観客数に制限があることから、「1日でも早くスポーツを通じた明るい日常を取り戻すこと」などを目的にした「あしながドリーム基金」を創設。コロナ対策支援物資の寄付とスタジアムへの招待に取り組んでいる。

 今回寄付されたサージカルマスク約2万枚とおよそ40リットルの消毒液もこの基金を利用し確保した。

 今回の支援物資は、横浜市や市内のNPO法人を通じて障がい者が通う福祉作業所などに配布されることになる予定だという。

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

地場の旬菜ズラリ

まちなか農家さんの朝市

地場の旬菜ズラリ 社会

感染症対策講じ開催

5月7日号

「友好のバラ」咲く

星川中央公園

「友好のバラ」咲く 社会

気品高いダマスクローズ

5月7日号

27人が新たに入団

保土ケ谷消防団

27人が新たに入団 社会

「1日も早く即戦力に」

5月7日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

ダンス事業に最大30万円

ダンス事業に最大30万円 文化

補助金申請は5月21日まで

5月7日号

パルマワラビーを展示

パルマワラビーを展示 社会

金沢動物園で3頭

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter