保土ケ谷区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

フードドライブ 「余剰食品など提供を」 区内2カ所で受付中

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
提供品を受け付ける区職員
提供品を受け付ける区職員

 家庭で不用になった未開封の食品や調味料などを集め、子どもや高齢者を支援する団体に配分する活動として注目を集めている「フードドライブ」。横浜市は10月の食品ロス削減月間に合わせ、市内各地で余剰食品などを受け付けている。

 保土ケ谷区内では区資源化推進担当(本館2階)と資源循環局保土ケ谷事務所(狩場町)に回収場所を常設。米やパスタ、乾麺、缶詰、レトルト食品など、賞味期限が2カ月以上あり常温保存が可能な食品を受け付けている。集まった食品は、区社会福祉協議会や市内のフードバンク団体を通して、ひとり親世帯や生活困窮者に届けられる。問合せは資源化推進担当【電話】045・334・6304/資源循環局保土ケ谷事務所【電話】045・742・3715。

年間9万4千トン

 横浜市資源循環局3R推進課によると市内の家庭から出される燃やすごみの中には、本来はまだ食べられるにもかかわらず廃棄されている食品が年間およそ9万4千トン(2019年推計)も含まれているという。

 市民1人あたり約25キログラムもの食料が手つかずの状態で捨てられている計算で、おにぎりに換算すると約250個分、金額ベースで試算すると1人あたり年間およそ1万9千円になる。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

洪福寺交差点そば 交番廃止に伴い3公園にアクティブ交番を開設

廃食油40リットル集まる ボイラー燃料などとして再利用

コロナ禍で注目集める「フードドライブ」 米やレトルト食品など集まる

「#フォトガヤ」保土ケ谷区公式インスタが開設3周年

【Web限定記事】保土ケ谷の「イイトコロ」「イイモノ」

「#フォトガヤ」保土ケ谷区公式インスタが開設3周年 社会

3月4日号

「ほどがやお弁当まつり」が盛況

【Web限定記事】コロナ禍で苦しむ飲食店を支援

「ほどがやお弁当まつり」が盛況 社会

12日までは「海老天重」「ステーキ弁当」「チャーハン弁当」

3月4日号

春陽気に誘われ 120本の梅、色とりどり

【Web限定記事】県内有数の観梅スポット「保土ケ谷公園」

春陽気に誘われ 120本の梅、色とりどり 社会

3月4日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:30更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

公会堂で初プロレス

公会堂で初プロレス

8日 TAJIRI選手が凱旋

3月8日~3月8日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク