保土ケ谷区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

川島町随流院 除夜の鐘 つかず コロナ禍で苦渋の決断

社会

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena
40年間、つきつづけてきた梵鐘を前にする西村住職(左)
40年間、つきつづけてきた梵鐘を前にする西村住職(左)

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、全国の寺社で年末年始の参拝方法の模索がつづく中、川島町の曹洞宗隨流院(西村悦次住職)では除夜の鐘つきを中止することを決定した。

 1441年に開基したとされる同寺では40年ほど前から毎年、大晦日の午後11時30分から地域住民らが20秒ごとに鐘をつき1年を振り返り感謝の気持ちを表すと同時に、地域内に年の瀬と新たな年の訪れを告げている。

40年で初の事態

 同寺の梵鐘は太平洋戦争中、砲弾・兵器生産のための銅・鉄資源の不足を補うため供出。現在の梵鐘は西村住職の結婚を記念し作られたのもで、1980年に落成式が執り行われて以降、40年にわたり日暮れを知らせる「昏鐘」がつかれ、大晦日には「除夜の鐘」がつかれてきた。

 年末年始の参拝について全国各地の寺社が模索し、「密」を避けるためライブでの配信や住民の参加を取り止め僧侶だけで鐘をつくなど、密集を回避しながら実施するところも多い中、西村住職は「健康第一」を理由に40年間つづいてきた「除夜の鐘つき」を中止することを決定した。新型コロナウイルス感染症が再拡大する中で、苦渋の決断だった。

それぞれの心の中で

 「梵鐘はつかないが、地域の方々がそれぞれに自分自身の1年を振り返っていただき、来年への希望を願い、心の中で『除夜の鐘』をついていただければ」と話している。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

基本的対策徹底し親睦旅

川島東部連合町内会

基本的対策徹底し親睦旅 社会

「開催できる方法」模索

6月23日号

発足後初のイベント

星川商店会

発足後初のイベント 経済

駅前広場で26日に「縁日」

6月23日号

新球技場整備へ動き

三ツ沢公園

新球技場整備へ動き スポーツ

市が構想案示す

6月16日号

屋上から「いってらっしゃい」

屋上から「いってらっしゃい」 教育

西谷中で修学旅行時の伝統

6月16日号

雨でも風でもラジオ体操

常盤公園

雨でも風でもラジオ体操 コミュニティ社会

20年つづく朝の光景

6月9日号

3種目で関東大会へ

保土ケ谷高校陸上部

3種目で関東大会へ スポーツ

同部史上最多9人が出場

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook