保土ケ谷区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

民話紙芝居を手掛ける「ほどがや『えかたり〜べ』」の原画を描く 河野 充良さん 初音ヶ丘在住 78歳

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena

「人に喜んでもらえれば」

 ○…「先祖は宮大工だったそうなんです。手先が器用なのかな」―。保土ケ谷区内に伝わる民話を題材にした紙芝居の絵と脚本を手掛けるようになったのは3年前。これまでに15作品を書き下ろした。アクリル絵具や油彩絵具、パステルなどさまざまな画材を駆使し、物語の世界観を描き出す。描いた作品がファイルにきれいに収められているところに、作品に対する思いを垣間見る。

 ○…福岡で戦時中に生を受け、幼少期から描くことを好んだ。小学1年生の時、家庭訪問で担任が母親に1枚の絵を見せ、こう話した。「良く描けている」。画用紙にまん丸のリンゴを描いた自身の作品。隣の部屋で遊んでいたが、その耳は母親と担任の会話に大きく傾いていた。「うれしかった」。少年の心に自信という小さな芽が顔を出した瞬間だった。

 ○…黒板に戦車や戦闘機を描き、級友を楽しませていたという少年にとって、絵を描くことはライフワークに。「ほかに趣味がないんですよ」。自嘲気味にそう話し開いたのが、可愛らしい動物たちがモチーフになったイラスト集。「いつか絵本を描きたい」。そんな夢を抱き、書き溜めていたキャラクター達だ。5年前、「ヘンテコリンのみずたまり」という名の作品を書き上げた。キャラクター達が紙上で駆け回る舞台は絵本ではなく紙芝居だった。

 ○…パソコンに「1行日記」を記すのがここ20年の日課。本を読み、気に入った文章をノートに書き留める。「ジャンルは問わない。字が大きくて読みやすい物がいい」。ユーモアを交えそう話すが、生み出された数々の絵や紙芝居の脚本の制作に活かされていることは間違いないだろう。「人に喜んでもらえれば、それでいい」。この一言に重みを感じる。

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

麻生 民次さん

NPO法人保土ケ谷ガイドの会の会長に就任した

麻生 民次さん

峰岡町在住 74歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

62歳

9月2日号

古田 潤二郎さん

保土ケ谷歯科医師会の会長に就いた

古田 潤二郎さん

神戸町在住 57歳

8月26日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

8月19日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

中区真砂町在勤 77歳

8月12日号

平山 晴彦さん

横浜たちばなライオンズクラブの会長に就任した

平山 晴彦さん

44歳

8月5日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook