保土ケ谷区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る 木村 洋太さん 39歳

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena

世界一のチームを目指し

 ○…プロ野球の事業収益は従来から観客動員が柱となっている。そのため、コロナの感染拡大防止のための動員制限は事業全体に大きな影響を及ぼした。そんな中で昨年4月に球団社長に就任し、社員一丸となって試行錯誤を続ける。「何かしなきゃ、でもなかなかうまくいかないという苦しい状況が続いた。ただ、この間のチャレンジはきっと今後のプラスアルファになるはず」

 ○…社長として見据えているのは「世界一のスポーツチーム」という。「横浜というこんな大きな街でやらせていただいている以上、そこを目指すべき」。その大目標に向けた組織づくりが自身の使命だ。「毎年飛躍的に成長する組織でないと、世界一はめざせない。昨年のコピペではダメ」。従業員にも挑戦する姿勢を求めている。

 ○…都筑区出身。茅ケ崎台小を卒業後は筑波大附属駒場中高、東京大に進んだ。ハマスタには子どもの頃から父に連れられて足を運び、観戦は一つの趣味に。「やっぱり98年優勝の年は、球場も関内の街もすごい雰囲気だった」と振り返る。同大大学院卒業後はコンサルティング会社に勤めてビジネススキルを磨き、2012年に球団に入社。マーケティング部門などを中心に事業本部長、副社長を歴任した。

 ○…チームは昨季最下位に沈んだが、ドラフトやコーチ陣の刷新など明るい話題も多い。「春には期待感をもって球場に足を運んでいただけるはず。どうお迎えするか、今まで以上のものを示さないといけない」と気を引き締める。感染対策はもちろん球場を盛り上げる工夫にも余念がない。「『野球ってこんなもんだよね、前と同じ』とは思われたくない。球場の一体感やビッグプレイを忘れられない思い出にしてもらえたら」

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

矢本 大祐さん

地域の清掃や健康づくりなどに取り組む社会人スポーツクラブ「西谷AFC」の代表

矢本 大祐さん

上星川在住 32歳

5月19日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

50歳

5月12日号

丸山 裕二さん

4月から保土ケ谷公会堂の新館長に就任した

丸山 裕二さん

星川在勤 60歳

4月28日号

堀田 廣公さん

保土ケ谷消防署の新署長に就任した

堀田 廣公さん

神戸町在勤 58歳

4月21日号

寺崎 富美さん

3月22日付で保土ケ谷警察署長に就任した

寺崎 富美さん

川辺町在勤 57歳

4月14日号

新堀 三郎さん

第8回ほどがや防犯川柳コンクールで最優秀賞の作品を考えた

新堀 三郎さん

和田在住 83歳

4月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook