保土ケ谷区版 掲載号:2022年5月26日号 エリアトップへ

横浜たちばなライオンズクラブ 結成40周年を祝う 記念事業でウクライナ人道支援など

社会

掲載号:2022年5月26日号

  • LINE
  • hatena
あいさつする平山会長
あいさつする平山会長

 保土ケ谷区内を中心に活動する奉仕団体・横浜たちばなライオンズクラブ(たちばなLC・平山晴彦会長)が結成40周年を迎え、5月17日に記念式典を普段例会を行う西区のホテルで開いた。これに合わせ同クラブでは、動物福祉団体やウクライナへの人道支援基金などへの寄付を記念事業として行った。

 たちばなLCは1982年6月に結成され、会員数は現在27人。狩場町にある英連邦戦死者墓地の追悼基金や保土ケ谷区少年野球連盟などへの寄付を毎年続けているほか、タイやカンボジアなど海外にも長年支援活動を行ってきた。

 今回は結成40周年の記念事業として、長年友好関係のあるタイバンコク・コスモポリタンLCとの共同アクティビティのほか、俳優の杉本彩さんが代表理事を務め動物福祉の向上活動に取り組む(公財)動物環境・福祉協会Eva、池谷幸雄体操倶楽部、ライオンズクラブ国際財団によるウクライナ救援交付金への寄付を実施した。

 ホテル横浜キャメロットジャパン=西区=で行われた記念式典には会員や招待者約120人が参加。記念事業として寄付を受けた杉本彩さん、池谷幸雄さんも出席した。

 冒頭あいさつに立ったたちばなLCの平山会長は「昨年末に記念実行委員会を発足し、何度もメンバーで話し合いを重ねてきました。最近コロナが少し落ち着きを見せ始め、なんとか今日この日を迎えることができました。節目の年になりますが、45周年、50周年とメンバー全員で支え合い、絆を深め、更なるクラブの向上に努めてまいります」と語った。

 寄付の目録を受け取った杉本さんは「大変温かなご支援を賜りまして心より御礼申し上げます。動物たちの環境と福祉の向上を目指していきます」と感謝を述べた。そのほか、川島囃子保存会の獅子舞も登場し、会場を盛り上げた。

支援への感謝状を手渡す杉本さん
支援への感謝状を手渡す杉本さん

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

基本的対策徹底し親睦旅

川島東部連合町内会

基本的対策徹底し親睦旅 社会

「開催できる方法」模索

6月23日号

発足後初のイベント

星川商店会

発足後初のイベント 経済

駅前広場で26日に「縁日」

6月23日号

新球技場整備へ動き

三ツ沢公園

新球技場整備へ動き スポーツ

市が構想案示す

6月16日号

屋上から「いってらっしゃい」

屋上から「いってらっしゃい」 教育

西谷中で修学旅行時の伝統

6月16日号

雨でも風でもラジオ体操

常盤公園

雨でも風でもラジオ体操 社会

20年つづく朝の光景

6月9日号

3種目で関東大会へ

保土ケ谷高校陸上部

3種目で関東大会へ スポーツ

同部史上最多9人が出場

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook