神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年3月14日 エリアトップへ

オーケストラ 神奈川フィル、区と協定 文化芸術の機運醸成へ

文化

公開:2024年3月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
神部区長(中央左)と協定書を交わす関係者ら
神部区長(中央左)と協定書を交わす関係者ら

 県立保土ケ谷公園内のかながわアートホールを拠点に活動するプロオーケストラ「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」が3月4日、住民の文化芸術振興などを目的とした協定を保土ケ谷区と締結した。同楽団がこうした協定を自治体と交わしたのは初めてのこと。

 同楽団は県内唯一のプロオーケストラで、公開リハーサルなどを通じて地域住民と交流を深めている。公募で選ばれた小学4年生から高校3年生を指導する取り組み「神奈川フィル・ジュニアオーケストラ」を2016年度から継続。子どもたちは修了公演に向けた7、8回の練習を経て、団員とともにオーケストラ楽曲を演奏する。

 保土ケ谷区は楽団の地域に根差した活動に着目。文化芸術の活性化を図ろうと、楽団に「音楽を通じた魅力あるまちづくり基本協定」の締結を提案し、楽団側がこれに応じた。協定には、楽団と区による連携事業の要綱が盛り込まれている。

中学吹奏楽部と交流も

 「次世代育成」が協定のメインテーマの一つ。団員が区内の中学校吹奏楽部を指導して交流を深めるワークショップの開催を予定し、子どもの演奏技術向上を狙う。そのほか、優待価格で区民を招待するコンサートや27年の区制100周年を見据えた事業など、多面的に文化興隆を目指す。

 4日に区役所で行われた締結セレモニーには楽団の専務理事を務めている櫻井龍一さん、神部浩区長のほか、区内の中学校を代表して新井中学校吹奏楽部の関係者らが出席。櫻井さんは神部区長と協定書を交わし、「活動の幅を広げ、音楽で地元に貢献したい」とあいさつした。神部区長は「良質な音楽を提供していただき、保土ケ谷が『音楽のまち』と言われるようになるとうれしい」と話し、文化芸術の発展に期待を込める。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「地場ワイン」今年も上々

「地場ワイン」今年も上々

原料は川島町のぶどう

4月18日

保土ケ谷は50年で25%減

横浜市将来人口推計

保土ケ谷は50年で25%減

世帯数は2割ほど減少の見通し

4月18日

商店街舞台の演劇企画

元宝塚歌劇団大洋あゆ夢さん

商店街舞台の演劇企画

役者募集、町おこしに一手

4月11日

障害者診療「限界近い」

横浜市歯科保健医療センター

障害者診療「限界近い」

二次機関拡充求める声も

4月11日

75%が定住意向

保土ケ谷区区民意識調査

75%が定住意向

災害対策「何もしてない」3割

4月4日

4月から雇用率引上げ

障害者就労

4月から雇用率引上げ

市も企業啓発に注力

4月4日

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook