神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年7月4日 エリアトップへ

星天qlayEゾーン 2店舗が先行オープン 天王町駅東口で7月12日

経済

公開:2024年7月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
MASSEの外観
MASSEの外観

 相鉄本線の鉄道高架化により創出された、星川駅-天王町駅間の高架下に整備が進められる複合商業施設「星天qlay(クレイ)」のEゾーンの一部店舗が7月12日(金)に開業する。相鉄ビルマネジメントの担当者は「多くの方に来ていただきたい。にぎわいを創出するイベントも定期的に開催する」と述べた。

 星天qlayは相鉄グループの(株)相鉄アーバンクリエイツと(株)相鉄ビルマネジメントが手掛けており、星川駅と天王町駅間の約1・4Kmに及ぶ高架下空間を活用。「『変化を楽しむ人』がつながる生きかたを、遊ぶまち」をコンセプトに、2023年2月の星川駅側のA、Bゾーンの開業を皮切りに、Dゾーンまでが既に開業している。

 天王町を中心に東西に広がる最後のゾーン・Eゾーンのコンセプトは「カルチャー、混沌との出会い」。異なる価値観同士がぶつかり合い、有機的な交流を生み出す拠点として、ビジネスパーソンや地域住民が集まり交流ができる個性豊かなな飲食店(全9店舗)や高品質な賃貸住宅が24年度中に完成する予定だ。

 7月12日には天王町駅東口改札側に2店舗が先行オープンする。カジュアルフレンチレストラン「MASSE(マス)」は、大衆的なフレンチをベースに、よりカジュアルな料理を取りそろえるカフェ&ブラッスリースタイルの店舗。同店の担当者は「気軽にランチを楽しみたい方やお酒を楽しみたい方など気軽にお越しいただける店舗です。テラス席もご用意してお待ちしています」と話す。

 「オリジンキッチン」は種類豊富な弁当、おにぎり、野菜をふんだんに使用した惣菜やサラダなどを店内で調理して提供する。

 (株)相鉄ビルマネジメントの担当者は、「地域の方々と一緒に星天qlayのエリアを盛り上げるためのイベントを定期的に開催していきたい」とした。

人流データを測定

 また、両社は23年12月22日から24年3月31日までの期間で行った人流データ測定の実証実験の結果を発表した。これによるとCゾーンが開業した今年1月以降、開業前と比較し、星川駅と天王町駅間高架下の人流が約1・5倍に増加したことが分かる。Eゾーンの開業で、さらなるにぎわいの創出が期待される。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

橘中吹奏楽部を指導

神奈川フィル

橘中吹奏楽部を指導

区との協定締結で実現

7月18日

全校実施へ計画前倒し

市立中不登校生徒支援事業

全校実施へ計画前倒し

「重大事態の調査結果」受け

7月18日

公式キャラデザイン公募

保土ケ谷区

公式キャラデザイン公募

決定は区民の投票で

7月11日

市、テレビで自動通知

緊急情報

市、テレビで自動通知

事業促進へ端末費用補助

7月11日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月4日

2店舗が先行オープン

星天qlayEゾーン

2店舗が先行オープン

天王町駅東口で7月12日

7月4日

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook