鶴見区版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

鶴見沖縄県人会史が発刊 移住からの百年辿る

文化

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena
出版した県人会史を見せる金城会長
出版した県人会史を見せる金城会長

 横浜・鶴見沖縄県人会(金城京一会長)の歩みをまとめた『横浜・鶴見沖縄県人会史―鶴見沖縄県人百年の歩み―』がこのほど同会の編集で出版された。出稼ぎなどのため、大正初期から本格的に鶴見に移住し、差別を受けながらも県人会組織を作り、助け合い生きてきた沖縄の人々の歴史を知ることができる。

 『横浜・鶴見沖縄県人会史』は全309ページ。沖縄県人の横浜・鶴見への移住の歴史や県人会結成からの歩み、民謡などの芸能活動、区内で毎年行われている角力大会などを紹介。編集委員を代替わりしながら、約10年かけて発行に至った。

 同会が活動史を発行するのは初めて。横浜に住む沖縄県人のルーツをまとめた本もこれまでほとんどなかったという。「先人たちが残してきた財産を後世にも伝えていきたかった」と金城会長は話す。

出稼ぎで定着

 県人会史によると、明治30年代ごろ、沖縄から国内外へ渡る移民が現れ始めた。鶴見では、大正初期から昭和初期にかけ、埋め立て工事が進み、大企業の進出が進んでいたことから、出稼ぎ労働者が急増し定住するようになった。

 当時の沖縄の産業の中心はサトウキビ生産などの農業。凶作や砂糖価格の暴落などによって、生活難を強いられていた農民らが働き口を求めて移住していた。

 以降多くの沖縄県人が定着し、会員同士の親睦や沖縄文化の継承などを目的とした現在の県人会が1953年に発足。その間には就職や銀行での融資を断られるなど、差別を受けることもあった。「県人会発足以前から前身組織を作り、助け合い生きてきた」と金城会長は語る。

 現在、県人会の会員数は750世帯。入会者は年々減少し、会員の高齢化も進んでいる。「今年からは青年部を立ち上げた。若い層も取り込みながら、存続させていきたい」と金城会長は話している。

 一冊5千円(税抜)。おきつる会館=仲通3の74の14=などで販売している。

鶴見区版のトップニュース最新6

他公共施設の5倍の利用

横浜市EV公道充電器

他公共施設の5倍の利用 経済

実験1年、月平均259回に

6月30日号

災害時の子ども守る一冊

(一社)保育の寺子屋藤實さん

災害時の子ども守る一冊 社会

元消防職員 ハンドブック作成

6月30日号

県民功労者に区内2人

県民功労者に区内2人 社会

地域医療、伝統芸能で貢献

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

防災、多文化推進に重点

防災、多文化推進に重点 経済

鶴見区 運営方針を公表

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook