鶴見区版 掲載号:2016年11月3日号 エリアトップへ

横浜商大が50周年 卒業生ら630人祝う

教育

掲載号:2016年11月3日号

  • LINE
  • hatena
2018年の完成を目指す50周年記念館
2018年の完成を目指す50周年記念館

 東寺尾の横浜商科大学が創立50周年を迎え、10月17日、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで祝賀会が開かれた。当日は、75周年を迎えた横浜商科大学高等学校=旭区=との合同で行われ、関係者や卒業生ら約630人が集まり、学校の節目を祝った。

先進的な教育環境

 同大は、1966年に開学。創設者は神奈川県庁勤務や県議会議員を経験してきた松本武雄氏。松本氏は1941年、戦争に向かう日本の行く末を案じ、若者の教育のため横浜第一商業学校を創立。商業高校を母体として、66年、同大の前身である横浜商科短期大学が開学した。68年には、短大卒業後も勉学を続けたいという学生の声が多かったことから、4年制大学へ移行した。コンピューターの導入や、日本で2番目に観光学科を創設するなど、商学に特化した先進的な教育環境を整え、これまでに2万515人の卒業生を輩出。現在1157人が学ぶ。

 近年では、鶴見区との包括連携協定を締結。今年7月には学生による「鶴見まちづくり政策コンペ」を開くなど、地域貢献にも意欲的に取り組む。

新校舎・新学部も

 50周年を記念し、同大では新校舎「50周年記念館」の建設計画を進める。

 記念館は、3階建てで総床面積は約1900平方メートル。学内のフットサル場が建設予定地となる。中小の教室やゼミ室が13入るほか、カフェテリアや屋上フットサル場も設置する。建設のため、同大は卒業生へ募金を呼びかけている。今年度末には着工し、2018年までの完成を目ざす。

 また、18年には新たに地域医療学部看護学科(仮称)を開設する。少子化が進行する中での生徒確保が狙いだ。

 同大は、「今後の50年でさらに大学が生まれ変わっていけたら」と話している。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter