鶴見区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

聖ヨゼフ学園小学校の校長を務める 荒屋 勝寿さん 東寺尾在勤 54歳

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena

想い引き継ぎ、未来へ

 ○…このほど日本の小学校で初めて国際バカロレア(IB)PYP校となった聖ヨゼフ学園小学校。認定に向けて尽力した張本人。「初代校長の想いを受け継ぎ、今日的な形で表現していくにはどうしたらいいか考えた先がバカロレアだった」。初代校長が目指したのは「普遍的な価値判断ができる人を育てる教育」。自身が校長になった時にはもう亡くなっていたため、本人とは出会ったことはない。「戦後、荒廃した日本を立て直すために学校を作った初代校長。残された文献から伝わる強い意志を私が受け継いでいかなければ」

 〇…山、川、森など青森の自然の中で育った少年時代。世の中に溢れる「不思議」に興味津々だった少年の夢は研究者だった。学びを進める中で東京の大学に通い、出会った恩師。「生き方が温かい人。学者としても人としても尊敬していた」。恩師に出会って感じた”教える”ことの価値から将来は決まった。27歳で初めて大学の講師として教壇に立ち、初めは90分の授業のためにジョークまで入れ込んだカンペを作成。「もちろんその通りにはいかなかったけどね」と苦笑する。友人から声がかかり、同学園へ。視察のために世界中のIB認定校をインタビューして回り、聞いた「学んでいて楽しくて仕方ない」という声。同校への導入を強く決意した。

 〇…趣味は山登り。低山は週末に、連休には高難度の山に挑戦する。特に好きなのは雪山。夏に上った同じ山に冬も向かう。「冬は同じ山でも寒いし、危険度が上がる。自分が生きて戻ることしか考えない。生きているということをこれほど感じることはない」

 〇…「教員はスーパースター」。話していると感じられる教員たちへの感謝と敬意。「今までのやり方が通じない中で、粘り強く変化に対応してくれる。彼らには本当に頭が上がらない」。頼もしいスーパースターたちとともに、子どもたちを導いていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

中西 静代さん

日本最高峰となる国風盆栽展に6年連続出品を果たした

中西 静代さん

鶴見中央在住 79歳

3月4日号

間口 節子さん

史季の郷のボランティアとして近隣学校で「昔の洗濯体験」を行う

間口 節子さん

矢向在住 69歳

2月25日号

どんらくさん(本名:堀場蔵人)

【WEB限定記事】東宝タクシー(株)で働き、”タクチューバ―”として活躍する

どんらくさん(本名:堀場蔵人)

区内在住 46歳

2月18日号

Akoさん(本名:本田葵子)

プロダンスリーグで活躍する

Akoさん(本名:本田葵子)

佃野町在住 18歳

2月11日号

野路 晶基さん

(公社)鶴見法人会青年部会部会長として活躍する

野路 晶基さん

尻手在住 43歳

2月4日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

横浜市内在勤 39歳

1月28日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小さな盆栽展 16日まで

鶴見銀座木曽屋

小さな盆栽展 16日まで

建替閉店セールに合わせ

3月4日~3月16日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク