鶴見区版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

鶴見駅前 歩道橋を一部撤去へ 要望踏まえ今年度中

社会

駅前歩道橋の撤去部分(写真左が横浜銀行側、奥が京急鶴見駅)
駅前歩道橋の撤去部分(写真左が横浜銀行側、奥が京急鶴見駅)
 京急鶴見駅改札階につながる鶴見駅前歩道橋の一部が、今秋をめどに撤去されることがわかった。鶴見土木事務所によると、周辺の補修作業も含め、今年度中の完成を目ざすという。

 鶴見駅前歩道橋は、東口中央のバスターミナルと京急鶴見駅改札階、横浜銀行鶴見支店側の歩道をつなぐ歩道橋。

 今回撤去されるのは、横浜銀行側の階段部と、京急側に渡る橋部分=写真=で、京急からバスターミナル部分は残される。

通行空間の狭さ要因

 もともと10年以上前から、撤去の声が上がっていた同歩道橋。理由は、JRを利用する歩行者のほとんどが使う横浜銀行前の歩道だ。

 幅員に対して階段部と支柱の占有面積が大きく、通行スペースが限られていることから、たびたび信号前で人が滞留する状況にあった。

 その中、3年ほど前、鶴見区自治連合会の会合の中でも要望が上がり、市は昨年度検討を開始。市が行った歩行量の調査では、撤去部分の下部に並行して横断歩道があるため、多くが横断歩道を利用している実態が明らかになった。

 平日の朝夕12時間調査では、横断歩道利用者が1万242人だったのに対し、横断歩道橋利用者は764人で、利用率は6・5%だった。

 同事務所担当者は「通行量などの違いから、利用率は一概に比較できないが、横断歩道が各方面にあることなどから、総合的に判断した」と説明。歩道橋の利用はあるものの、代替は可能として理解を求めた。

落橋は秋ごろ予定

 通勤のため、歩道を利用するという近隣の会社員は「特に雨の日は傘もあって通りにくかった。通行しやすくなるのはありがたい」と話した。

 今後は詳細設計の上、夏までに工事業者を選定。落橋工事は秋ごろを予定している。車道を含め、規制をともなう作業は原則夜間に実施する方向。残る部分の補修作業など、全体の完了は今年度中としている。

鶴見区版のトップニュース最新6件

団体アベックで全国

潮田中剣道部

団体アベックで全国

8月16日号

2020年に共学化

聖ヨゼフ学園中学・高等学校

2020年に共学化

8月16日号

訪問母乳相談が好評

事業開始半年

訪問母乳相談が好評

8月9日号

県操法大会で2位

鶴見消防団第3分団

県操法大会で2位

8月9日号

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

8月2日号

ダブルダッチでギネス超え

鶴見スポセン平井さん

ダブルダッチでギネス超え

8月2日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク