鶴見区版 掲載号:2018年12月6日号 エリアトップへ

選挙標語 最優秀に市場小・安さん 小中学生17人を表彰

社会

掲載号:2018年12月6日号

  • LINE
  • hatena
入賞した一部メンバー
入賞した一部メンバー

 選挙啓発などを目的とした「鶴見区明るい選挙啓発標語コンクール」の表彰式が11月29日、鶴見区役所で開かれた。

 政治・選挙への関心を持ってもらおうと、2014年度から毎年企画。区内市立小5、6年生と中学生を対象とし、今年は233点が集まった。主催の鶴見区明るい選挙推進協議会(新田弘子会長)や、森健二区長が選考し、17作品が入賞・入選作に選ばれた。

 最優秀賞は、市場小6年の安優香さん。「この一票 私が選ぶ 日本の未来」だった。安さんは「驚いたけど嬉しかった」とコメント。一つ一つは小さくてもまとまると大きくなることや、一人ひとりに届いてほしいという思いを込めたとした。

 入賞作品は、来春の統一地方選や来夏の参院選で啓発に活用される。同協議会の新田会長は、鶴見区の投票率が低いことに触れた上で、「一票の大切さを学んでもらい、18歳になったら必ず投票を」と呼びかけた。

 入賞者は以下の通り。順不同・敬称略。

【最優秀賞】「この一票 私が選ぶ 日本の未来」安優香(市場小6年)

【優秀賞】▽鶴見区明るい選挙推進協議会会長賞「今変える チャンスを胸に選挙へと」平良(市場中3年)▽同協議会副会長賞「その一票 捨てちゃだめだよ 未来のために」松岡(岸谷小6年)/「投票で、未来を変えよう18才」石田(岸谷小5年)▽鶴見区選挙管理委員会委員長賞「18才 自分の思い 伝えよう!」田中(寺尾小6年)▽鶴見区長賞「自分達の一票は 自分達を変える 一票だ」石橋(上寺尾小5年)

【入選】「未来へと つながる一票 選挙権」高木(岸谷小6年)/「投票は あなたと政治の かけ橋だ」宇都(東台小5年)/「たかが一票 されど一票 この一票は私の未来」高野(横浜サイエンスフロンティア高附属中1年)/「どんなだろう 早く投票 行きたいな」中島(岸谷小5年)/「いざ一票 ここから未来を つくります」倉橋(上寺尾小5年)/「18才 日本の未来を変えて行け」水谷(岸谷小6年)/考えよう その一票が未来へのバトン」草山(横浜サイエンスフロンティア高附属中1年)/「この一票 未来を変える 大事なかぎ」松田(岸谷小6年)/「さぁ行こう、未来を変える、スタートライン」横山(岸谷小6年)/「鶴見から、世界に広める 投票を」藤本(岸谷小6年)/「投票は みんな入れよう 18才」吉野(上寺尾小5年)

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

模擬操縦 航空機を空へ

模擬操縦 航空機を空へ 社会

元整備士 子ども向け体験会

8月22日号

全日本選抜で準優勝

ニュー横浜スターズ

全日本選抜で準優勝 スポーツ

単独チーム史上初の決勝

8月22日号

三浦大輔さん 未病番長に

三浦大輔さん 未病番長に 社会

神奈川県が任命

8月22日号

懐かしの縁日

懐かしの縁日 社会

鶴見神社で25日に

8月22日号

防災 見て知って学ぶ

防災 見て知って学ぶ 社会

24、25日赤レンガでフェア

8月22日号

女性起業家が集結

女性起業家が集結

9月5日、展示に50事業者

8月22日号

第2回日中友好寄席

第2回日中友好寄席 文化

あーすぷらざ(栄区)で24日

8月22日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク