鶴見区版 掲載号:2018年12月13日号
  • LINE
  • hatena

鶴見市場にサバゲー場 珍しいレーザー銃使用

経済

銃を片手に楽しむ参加者(5日撮影)
銃を片手に楽しむ参加者(5日撮影)

 京急「鶴見市場駅」そばに、レーザー銃使用のサバイバルゲームが楽しめる、「K―LASHⓇフィールド横浜」が、16日までの期間限定でオープンしている。

 場所は京急ストア鶴見市場店が入るビル3階の旧病院跡。(株)加瀬倉庫が撮影スタジオとして貸し出しているフロアだ。

 運営会社の(株)K―7(北村翔代表取締役)が、同社の倉庫でレーザー銃を保管していたことから、フィールド開設につながったという。

 K―7はこれまでも、公園やオフィスなどでの出張ゲームを企画。

 ゲームは受信センサーを装備し、安全な赤外線のみを発射する銃を使用。5日、企画を楽しんだ区内周辺の企業仲間らは「想像以上に楽しかった」と声を揃え、「運動にも、研修にも使える」「子どもも安心して楽しめる」と感想を語った。

 期間後も予約可能。利用人数20人〜。1人3千円。予約はホームページ【URL】http://k-7.jp/field/
 

鶴見区版のローカルニュース最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「福祉のまち」推進へ集い

「福祉のまち」推進へ集い

すずの会 基調講演も

2月23日~2月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク