鶴見区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

(PR)

探究の時間ってなあに? 【1】 聖ヨゼフ学園小 失敗に学び“自由”考える 三ツ池公園で校外学習

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
水遊びを楽しむ児童ら
水遊びを楽しむ児童ら

 聖ヨゼフ学園小学校で行われている探究の時間。「自分で考える力」を養うため、教師が答えを掲げるのではなく、児童自らが答えを導き出す。国際的な教育プログラムを実施するバカロレア認定校ならではの学習法だ。そんな同校の授業に潜入し、シリーズで紹介する。

 4年生70人は5月15日、三ツ池公園で校外学習を行った。「互いの自由は責任と規律によって守られる」をテーマとし、当日与えられた3時間程の自由時間をどうするか、班に分かれて企画。時間の制約や公共マナーを考え、準備から当日の運営までを自分たちで行った。やりたいことを通す難しさを感じながらも、ちゃんばら、どろけいなどの予定を立てた。

見守りながら導く

 ある班は、分担不足で教室で保管してあった遊びに必要な道具を誰も持って行かず実施できなかった。代わりに違う遊びを考え、臨機応変に対応した。一方、鬼ごっこを企画した班は、範囲を決めなかったために鬼が見つけられず、想定通りの遊び方ができなかった。活動を終え、児童らは「責任を果たさないと自由は減ることを知った」「自由は好き勝手やるのではなく最低限ルールを守って得られるもの」などと振り返り、失敗から学んだ部分は大きいが、楽しかったという感想が一番多かった。

 教師の役割は教えることではなく、導くこと。4年生担任の秋吉梨恵子教諭は「大人の手が入って上手くいくよりもまずは見守り、やってみて気付いてほしい。手をかけすぎないという不親切が後に親切に繋がることもある。失敗を次に活かしてほしい」と話した。

■聖ヨゼフ学園小学校(東寺尾北台11の1)【電話】581・8808

ヨゼフ

鶴見区東寺尾北台11の1

TEL:045-581-8808

https://www.st-joseph.ac.jp/primary/

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

ケンタッキー気分を満喫

川崎競馬

ケンタッキー気分を満喫

12月18日

12月12日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

12月12日号

整形外科の診療が充実

さいわい鶴見病院

整形外科の診療が充実

関節外科など新設

12月12日号

「患者様の納得と笑顔」大切に26年

インプラント

「患者様の納得と笑顔」大切に26年

かず歯科医院、鈴木院長に聞く

12月12日号

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

12月12日号

四季の風景、カレンダーに

四季の風景、カレンダーに

県公園協会が販売中

12月12日号

相続と遺言の相談会

相続と遺言の相談会

12月17日・19日 鶴見公会堂

12月12日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク