鶴見区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

"おむつ自販"で子育て支援 (株)木曽屋 出産祝う取組に賛同

社会

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena
設置された自販機。おむつ2サイズとウェットティッシュのほか飲料が購入可能
設置された自販機。おむつ2サイズとウェットティッシュのほか飲料が購入可能

 鶴見中央に今春竣工したビル・ラカンパーナキソヤの入り口横に5月25日、おむつなども購入できる自動販売機が設置された。自販機は、出産家庭に地域の企業らがお祝いとしてプレゼントを贈る「ウェルカムベビープロジェクト」を支援するもの。ビルには保育園や子育て世帯も活用するカフェも入るため、「幅広く活用してもらえれば」と関係者らは話す。

 同プロジェクトは、育児に必要な衣類などを贈るフィンランドの制度にならい、4年前、戸塚区の特定非営利活動法人こまちぷらすが中心となりスタート。出産を祝う文化や子育てへの関心向上などを目的としている。

 鶴見区内では、子育て支援団体・つるみままっぷが支部となり2018年から始まった。

 支援自販機は、「生まれてきてくれてありがとう」といったメッセージやデザインが施されたオリジナル機で、東京キリンビバレッジサービスが協力。売上の一部が同プロジェクトの運営資金に充てられる仕組みだ。

 鶴見区では東寺尾の「よつばカフェ」に飲料自販機、岸谷の「島忠」におむつ自販機があり、今回で3台目。同プロジェクトの支援型は現在、市内ほか25台あり、おむつ自販機の路上設置は、同プロジェクトとして初となる。

メッセージ貼り付けも

 今回、趣旨に賛同し設置したのは、同ビルオーナーの(株)木曽屋(中西英一代表)。今年初め、こまちぷらすで自販機を知り、子育て世帯を応援している同社として、完成するビルへの設置を決めた。

 「保育園や子育て世帯も活用する230カフェ、児童支援を行うNPOも入るビルにぴったりと思った」という。

 木曽屋では今後、葉っぱ型のシールを母親らに配布し、自販機にメッセージを貼り付けていく考え。

 こまちぷらすは、「関心のある人に、路上での設置例として案内できるので嬉しい」と喜んだ。
 

販売されているおむつ
販売されているおむつ

鶴見区版のトップニュース最新6

オンライン開催へ

ウチナー祭

オンライン開催へ 文化

生配信ライブなど企画

9月17日号

鶴見ふれあい館が閉館

鶴見ふれあい館が閉館 社会

スタッフ高齢化、コロナ要因に

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

鶴見小に日本語支援拠点

鶴見小に日本語支援拠点 教育

来日間もない児童ら通う

9月10日号

振り込め防止に生徒の絵

振り込め防止に生徒の絵 社会

警察、郵便局ら 啓発ハガキ作成

9月3日号

見守りセンサーで命救う

不動産会社マウンテン

見守りセンサーで命救う 社会

孤独死解決に挑戦 独自に

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク