神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2023年4月13日 エリアトップへ

橘学苑中硬式テニス 春の全国大会で初優勝 次に目指すは夏の制覇

スポーツ

公開:2023年4月13日

  • LINE
  • hatena
優勝した同部の部員たち=提供
優勝した同部の部員たち=提供

 橘学苑中学校の硬式テニス部は、香川県高松市でこのほど行われた「第11回全国選抜中学校テニス大会」に出場し、男子団体優勝に輝いた。同部が春の全国大会で優勝したのは初めて。次は2年ぶりの夏の全国制覇に向け「今回の結果で満足しない」と意気込んだ。

 3月28日から30日まで行われた同大会にシードとして参加した同校。

 全国へは昨秋から行われた県大会を優勝し、関東大会では準優勝の成績を収めて出場を決めた。

 同大会はダブルス2試合、シングルス1試合で行われ、先に2勝したチームの勝利となる。全国から集まった32校で頂点を競った。

 同校男子テニス部には現在13人が所属。同大会には、当時の2年生6人と1年生1人が参加した。主将を務める米良悠誠さんは「部員全員がのびのびと練習を行い、良い雰囲気で試合にも臨めたことが一番大きい」と勝因を語った。また、学校のクラスも各学年1クラスで日常生活から交流の場が多く、コミュニケーションを取りやすい環境があると話す。

 大会前には団結力を高めるため、赤いリストバンドを部員、保護者で揃え、大会に挑んだ。

 全国大会の決勝戦で対峙したのは、昨年12月の全国私立中学校選手権の決勝で敗れた聖徳学園(東京)。1対1で迎えた最終戦に立った赤羽志道さん・米良さんのペアは出だしが好調で、五分五分の試合展開で進んだ。後衛がラリーで相手を崩し、甘い球が返ってきたところを前衛がボレーやスマッシュで決める基本的な陣形の雁行陣をはじめ、攻撃的な陣形と呼ばれるIフォーメーションなどで終始相手を圧倒。決勝点を6回ほど逃すなど、「若干の焦りがあった」と話すが、結果として6-2のスコアで全国優勝に導いた。

昨年の悔しさ晴らす

 ベスト8だった昨年の同大会にも出場した米良さんと赤羽さん、鈴木瑛太さんの3人は今大会にかける思いも人一倍強かった。部員から絶対的エースと呼ばれる鈴木さんは「去年はプレッシャーでダメだったが、自分が勝つ意識が生まれ落ち着いて試合ができた」と話す。ただ、「今回の結果で満足してはいけない」と部員は気を引き締めていた。

 次なる目標は夏の全国大会の完全制覇。現在の3年生は、2年前に先輩が全国制覇した姿を見ており勝利への思いも強い。部員たちは「今回優勝できた波に乗って、夏も全国優勝したい」と声を揃えて意気込んだ。

鶴見区版のトップニュース最新6

弁当で鶴見の魅力PR

弁当で鶴見の魅力PR

とも栄鮨の梶さんが考案

6月13日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月13日

緑地保全で国交大臣賞

かぶと塚ふれあいの樹林愛護会

緑地保全で国交大臣賞

四半世紀の活動を評価

6月6日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

6月6日

多文化共生指針を策定

鶴見区

多文化共生指針を策定

独自の指針は市内初

5月30日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook