神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年3月21日 エリアトップへ

障害者11人の二十歳祝う 「祝う会」が4年ぶりに復活

社会

公開:2024年3月21日

  • X
  • LINE
  • hatena
記念品を受け取る参加者=提供
記念品を受け取る参加者=提供

 鶴見区内の障害者の20歳を祝う「二十歳を祝う会」が3月3日、市場下町の福祉施設・ゆうづるで開かれた。

 同会はこれまで区障害児者団体連合会が主催してきたが、同団体がボランティア不足などが原因で一昨年に解散。同会の開催も無くなったが、復活を望む多くの保護者の声を受け、区社協らがその趣旨を引き継ぐ形で昨年に実行委を立ち上げ、今回4年ぶりに開催された。

 実行委では、「鶴見区のみんなでお祝いをしよう」という思いのもと、区内の企業・団体に協力を依頼。記念写真の撮影は区内の写真館が担当し、記念品は区内の陶芸教室が陶器を作成、花束や会場で振舞う菓子も区内の複数の企業が提供。音楽演奏でもサルビアホールが協力してアーティストを紹介した。

 当日は、11人が二十歳を迎え、渋谷治雄区長が記念品を贈呈。家族や来賓ら約70人が参加して、門出を祝った。

 多くの人が協力して作り上げた祝いの会に、会場は温かい雰囲気に包まれていた。今回の実行委で委員長を務めた藤田美智子さんは「当事者にとっては特に大きな節目となる二十歳を皆でお祝いできてよかった」と笑顔で語った。実行委では今後も毎年同会を実施していきたいとしている。

鶴見区版のローカルニュース最新6

障害の有無を問わず、ともに楽しむ「ツナガリウォーク」

無料の起業塾、「YOXOイノベーションスクール2024」参加者募集中

横浜市役所が遊び場に変身する「こどもデー」

立憲民主党 3政令市議で連絡会

立憲民主党 3政令市議で連絡会

都市問題解決、地方分権推進へ発足

4月15日

ハープで名曲奏でる

みなとみらいホール

ハープで名曲奏でる

4月27日にコンサート

4月13日

県最大の献血ルーム開所

横浜駅東口スカイビル

県最大の献血ルーム開所

空港ラウンジをイメージ

4月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハープで名曲奏でる

みなとみらいホール

ハープで名曲奏でる

4月27日にコンサート

4月27日~4月27日

鶴見区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook