神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年7月4日 エリアトップへ

政治は手段、政治家は道具 市政報告 議員が議会で質問する意味は? 横浜市会議員 日本維新の会 柏原すぐる

公開:2024年7月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
議員が議会で質問する意味は?

 市会第二回定例会が6月5日に閉会しました。今年度の常任委員会等の委員が決定し、私自身は会派を代表して市長等に一般質問を行いました。質問を通じて伝えた要点の一部をご報告します。

【1】「50年後の横浜市将来人口推計に基づく対応」→鶴見区のように人口増加する区がある一方で、半減する区もある。複数の行政区などのまとまりでその特性や課題を踏まえた戦略検討が不可欠。

【2】「横浜における地方分権、行政区の在り方」

→地域のことは地域で決めるのが自治の基本。区の予算・権限強化を一層推進すべき。

【3】「教育行政の在り方」→学校健康診断の児童生徒への配慮状況に関する全校把握を。巨大組織の抜本改革の工程提示と分権型教育行政の総括を。予算編成権があり民意を得た市長の積極関与をそれぞれ求めました。

【4】「横浜の経済成長」

→市内企業の賃上げによる若者の所得向上が重要。実態把握すべき。

【5】「持続可能な観光戦略」→観光インフラに必要な財源確保の課題に向き合うべき。

【6】「政治家の率先規範」→危機的な財政状況が見込まれる中、改革実行には政治家が範を示すことが重要。市長にも求む。

 このように議員が議会で市長や教育長に質すことで行政の透明性を確保し、問題を顕著化させ、議論を喚起できます。今後も民意を行政に反映させ、幅広く長期的な視点を持って利益を確保できるよう励んで参ります。

質問の答弁内容や録画映像はコチラから
質問の答弁内容や録画映像はコチラから

柏原市議

TEL:050-3637-5722

https://suguru-kashiwabara.jp/2088/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

子どもの交通事故ゼロへ

いのちを守るハード+ソフト対策を 市政報告みちよレポ㉜

子どもの交通事故ゼロへ

横浜市会議員(自民党)東みちよ

7月18日

県の養殖事業化実現へ前進マサバが見事出荷サイズに

県政報告ひでしの「実績で勝負」90

県の養殖事業化実現へ前進マサバが見事出荷サイズに

公明党 鈴木 ひでし

7月11日

議員が議会で質問する意味は?

政治は手段、政治家は道具 市政報告

議員が議会で質問する意味は?

横浜市会議員 日本維新の会 柏原すぐる

7月4日

持続可能な社会に向けて

市政報告太'sレポート150

持続可能な社会に向けて

横浜市会議員 公明党 尾崎太

6月27日

「教室が足りない」という深刻な実態の改善を

市政報告

「教室が足りない」という深刻な実態の改善を

日本共産党横浜市会議員 古谷(ふるや) やすひこ

6月20日

障がい者雇用の促進めざし、ネットワークづくりを実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」89

障がい者雇用の促進めざし、ネットワークづくりを実現

公明党 鈴木 ひでし

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook