神奈川区版 掲載号:2014年6月12日号 エリアトップへ

「林で防潮堤を作ろう」 311ネットが被災地ボラ募集

掲載号:2014年6月12日号

  • LINE
  • hatena
昨年行われた植樹の様子
昨年行われた植樹の様子

 鶴屋町の県民センターを拠点に、東日本大震災の復興支援活動を続けているNPO法人かながわ311ネットワーク(伊藤朋子代表理事)が7月のボランティアバス参加者を募集する。

 震災での津波被害をきっかけに、東北の被災地をはじめ全国各地で現在、沿岸部一帯にコンクリート製の巨大な防潮堤を建設する計画が進められようとしている。その反面、「自然環境や海と人とのつながりが失われるのではないか」「かえって非難の遅れや津波への危機意識が失われるのではないか」といった地域住民の声も多く、防潮林を再生させることで減災につなげようという動きが各地で始まっているという。

清掃や植樹で被災地支える

 そこで同法人は、宮城県気仙沼市で防潮林の植樹活動を行う「NPO法人海べの森をつくろう会」と協力し、「海べの森号」と称して現地での海岸清掃をはじめ種の植え付けや苗の手入れ、植樹に携わるボランティアを派遣している。伊藤代表理事は「震災から4年目に入り、『もう被災地に行っても何もすることはないだろう』と感じている人が増えているようだが、この機会にぜひ参加してほしい」と呼びかけている。

 7月18日(金)〜20日(日)に運行予定の「海べの森17号」は、明日6月13日から参加受付を開始する。募集は中学生以上35人で、参加費9800円(往復交通費・旅行保険代)。希望者は九鬼ツーリストホームページ(http://kukitourist.net/)から申し込みが必要。

 (問)かながわ311ネットワーク【電話】045・312・1121(内線4140)

神奈川区版のローカルニュース最新6

市場の野菜ソムリエ直伝

市場の野菜ソムリエ直伝 社会

いいものの見分け方学ぶ

2月27日号

華麗な足技で魅了

華麗な足技で魅了 スポーツ

フットバッグ王者 浦島小来校

2月27日号

幼保施設の防災考える

幼保施設の防災考える 社会

区と横浜市大の連続講座

2月27日号

五輪意識し「和」

アイスクリームフェス

五輪意識し「和」 社会

メーカー14社が展示会

2月27日号

地域の高齢者が交流

西大口町内会

地域の高齢者が交流 文化

津軽三味線聴き入る

2月27日号

反町駅前に逸品ずらり

かながわ宿ブランド物産展

反町駅前に逸品ずらり 経済

2月27日号

福祉施設に物品を寄贈

日産横浜工場

福祉施設に物品を寄贈 社会

2月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク