神奈川区版 掲載号:2014年6月19日号 エリアトップへ

民主的に解決を 宮向団地で役員選挙 定数超え24人が立候補

社会

掲載号:2014年6月19日号

  • LINE
  • hatena
期日前投票する住人
期日前投票する住人

 宮向団地で6月15日、管理組合役員選挙が行われた。役員の成り手不足が叫ばれる中、同団地では管理組合と自治会が合併したことを契機に、自分たちの抱える課題に積極的に発言する住民が増加。結果として、役員候補者が定数を上回るなど、「住民自治」の活性化に必要な地盤が生まれつつある。

 宮向団地=羽沢町・菅田町=は、1971年に旧日本住宅公団の設計・施工で建てられた。鉄筋コンクリート造5階建ての41棟に、887世帯が入居している。

 同団地は、自治会費の未徴収問題と高齢化による役員の成り手不足の解消のため、2001年に総会で「宮向住宅管理組合」と「宮向自治会」を合併した。厳密に言えば、管理組合は共有財産の管理団体であり、親睦などを目的とする任意団体の自治会とは目的や構成員も異なる。住人の中には「自治会費が足りなくなったら組合費を上げるのか」と異議を唱える者や、建設されてから約43年が経つ団地の建て替えを主張するグループなど、「自分たちの住民自治」を訴える住人が増えてきた。

 昨年の総会は、議案審議中に退出する人が多く、定数不足で流会となった。そこで、同団地ではこうした現状を民主的に解決しようと、「管理組合役員選挙」の実施を決めた。

 選挙には理事17人、監事2人の定数に、それぞれ21人と3人が立候補した。昨年は投票方法に不備が見つかり、選挙自体が無効となっていた。今年は、組合員の定義を明確にするなどの対策を講じ、無事に投開票が行われた。

 投票率は約54・5%。管理組合は今後、新体制の下で運営されることになる。

 選挙管理委員長の柴田豊勝さんは「住民の高齢化や建物の老朽化問題は、宮向だけの問題ではない。多くの意思表示があったことは歓迎したい。民主的な解決のヒントになったのではないか」と話している。

神奈川区版のトップニュース最新6

追加接種 さらに前倒しへ

コロナワクチン

追加接種 さらに前倒しへ 社会

65歳以上、1月31日から

1月27日号

県選抜8人 全国V貢献

神奈工水球部

県選抜8人 全国V貢献 スポーツ

12年ぶり出場のU15大会

1月27日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月27日号

還元金額5%にとどまる

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%にとどまる 経済

利便性に課題か

1月20日号

海中ソーラー 実用化目指す

海中ソーラー 実用化目指す 社会

神大、横浜港で実証実験へ

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook