神奈川区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

衆院選3区 4氏が出馬へ 各陣営、準備を加速

政治

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 衆議院が11月21日に解散され、12月2日公示、同14日投開票の総選挙に向けて、各党の動きが活発になっている。神奈川3区(神奈川区・鶴見区)では、11月24日現在で前職1人と元職1人、新人2人が出馬に向けた準備を進めている。

 7期目を目指す自民党県連会長の前職・小此木八郎氏(49)は、「三本の矢」と呼ばれる経済対策の是非を争点に掲げて選挙戦に臨む。「消費税率引き上げの延期は、極めて重大な判断だ。引き続き経済政策を着実に実行し、景気回復の成果をより多くの人に届けたい」と語り、保守層の支持拡大を図る。

 民主党は、捲土重来を期す元職・勝又恒一郎氏(51)。前回衆院選では、同党への逆風の中で大敗を喫したが、再び国政を目指し、これまで地道な活動を続けてきた。「任期2年を残しての解散は不可解。経済状況が良くならないのは、アベノミクスの失敗だ。格差を生むこの政策を修正したい」と訴える。

 候補者の選定を進めてきた日本共産党は、来春の県議会選挙に向けて鶴見区で活動していた新人・木佐木忠晶氏(30)の擁立を決めた。「消費増税は国民の半数以上が反対している。追いつめられての解散選挙に、こうした世論を突きつけたい」と話し、賃上げの要求や集団的自衛権の反対を訴える方針だ。

 次世代の党の新人・横田光弘氏(57)は、9月に支部長となった神奈川1区(中区・磯子区・金沢区)からの「国替え」となるが、「素晴らしい日本をつくるために活動することに変わりはない」と話す。元県議の経験をいかし「経済回復と待ったなしの少子化対策」を掲げて、精力的に街頭演説などを行っている。

 その他、維新の党なども擁立を模索中。前回の衆議院選挙の投票率は、57・45%だった。

小此木八郎氏
小此木八郎氏
勝又恒一郎氏
勝又恒一郎氏
木佐木忠晶氏
木佐木忠晶氏
横田光弘氏
横田光弘氏

神奈川区版のトップニュース最新6

協進印刷が企業大賞

横浜環境活動賞

協進印刷が企業大賞 社会

区内から3企業・団体受賞

9月17日号

障害者理解の意識養う

神奈川小児童

障害者理解の意識養う 教育

パラアスリート田中選手招き

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

大神(おおかみ)商店会、発足

大神(おおかみ)商店会、発足 社会

大口・神之木エリアが中心

9月10日号

事前予約制で混雑緩和

ズーラシア

事前予約制で混雑緩和 社会

入園制限に続きコロナ対策

9月3日号

復活求め住民署名

総合庁舎前バス停

復活求め住民署名 社会

市民病院利用者など「不便」

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月9日20:15更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク