神奈川区版 掲載号:2015年7月16日号 エリアトップへ

連載寄稿 イルカ博士の生命感動日記 ㉞遊びについて

掲載号:2015年7月16日号

  • LINE
  • hatena

 幼児のものごとの受け取り方は《意思→感情→思考》というパターンで認識し、大人とまったく逆であると紹介しました。

 福岡市の「しいのみ学園」(昇司三郎園長)では、実践教育の切り札として不要なものを使ったおもちゃづくりを取り入れています。例えばペットボトルが車になったり、ままごとのテーブルになったり、子どもが想像力を働かせて、遊びの世界をつくり出します。昇司先生自ら一緒におもちゃをつくる過程を子どもに見せることを大事にしており、子どもたちは不用品(素材)をどのように工夫したら、想像したものができて楽しいかを知ります。何でも買えば手に入る世の中ですが、不用品などを工夫してつくり出すおもちゃづくりは、何かに見立ててつくりあげる体験となり「ものごとをやりとげる力」になるのです。また、ものごとの始めから終わりまで見せてあげて、親子でほめ合うことは、〈ものごとを見通す力〉=〈思考力〉につながります。

 これまでに、こんな質問がありました。

Q.テレビやコンピューターゲームは生活に欠かせないので与えていいのかな?

A.小さな子どもは受けた刺激を五感からそのまま体全体で受け止めるので、本当に子どもの感覚のためにいいものか疑問です。幼児にとっては、身の回りのものと触れ合う中で感じ、想像した世界を知っていくのがいいと思います。本物に触れたり使ったりする体験は、見ただけで「これは軽い」「これは熱そうだ」「これは臭いぞ」などと、判断する力になります。

【日本ウエルネススポーツ大学特任教授・岩重慶一

(問)【メール】iwashige@gmail.com】
 

神奈川区版のコラム最新6

安心・安全・安定軸に次代へ

安心・安全・安定軸に次代へ

 三基 30周年/白幡南町

12月24日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月17日号

2つの署名活動 秋に開始

〈連載【12】〉リコール、住民投票求める IRと横浜

2つの署名活動 秋に開始 社会

8月27日号

一株一株、丹精込めて

―社長列伝― vol.24

一株一株、丹精込めて

武花園 平本尚寛さん

8月6日号

「人々の安全」事業の原点

「人々の安全」事業の原点

日本保安工業

4月23日号

推進前提に意見公募

〈連載【10】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

推進前提に意見公募

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:27更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク