神奈川区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

コットンハーバー地区住人ら 「悲願の通路」を市に要望 中央市場通りへ抜ける道

社会

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
開発ワーキンググループが検討したルート
開発ワーキンググループが検討したルート

 コットンハーバー自治会とコットンハーバーMGT自治会は10月31日、神奈川区役所でコットンハーバー地区から中央市場通りに繋がる歩道・自転車道新設に関する要望書を二宮智美区長に手渡した。要望書には、横浜中央卸売市場内の発砲スチロール置き場の脇を抜け、「京浜港ドックおよび水理・環境実験センター」敷地内に通路を確保する案が示された。

 コットンハーバー地区は中央市場の東隣に位置しているものの、境には塀が立てられ、中央市場通りに直接抜ける道もない。そのため、同地区から中央市場通りに出るためには、国道15号線まで出る大回りを強いられている。

 こうした状況の中、住人らは約10年前の入居当初より、利便性の向上や災害時の避難路の観点から、中央市場通りに抜ける道の確保を模索してきた。

 同要望書は、約1年前に発足した自治会の下部組織である「コットンハーバー開発ワーキンググループ」(長谷川芙佐子代表)が中心となり、従来からの住民の要望を正式な書面としてまとめたものだ。同ワーキンググループは、自治会役員やボランティアら16人で構成され、地区内の課題に対する意見のすり合わせを行っている。

 長谷川代表は「みなとみらい21地区に歩道が通じることは住民の悲願です。現地は市と国の土地が混在しており、これまでも打開策が見出せないままでした。本要望書により事態が好転してくれることを願っています」と話す。

 担当した区政推進課では「ご要望は真摯に受け止め、関係各所に打診していきたい」としている。

神奈川区版のトップニュース最新6

市内で「はがき」詐欺急増

市内で「はがき」詐欺急増 社会

架空の公的機関装う手口

7月18日号

「国際日本学部」を創設

神奈川大学

「国際日本学部」を創設 経済

4月から横浜キャンパスで

7月18日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 社会

検討会設置し、方向性探る

7月11日号

RC・LC 新体制スタート

RC・LC 新体制スタート 社会

各クラブの新役員決まる

7月11日号

公民連携し魅力ある公園へ

横浜市

公民連携し魅力ある公園へ 社会

基本方針を策定

7月4日号

羽沢ファームで「烏骨鶏」誕生

羽沢ファームで「烏骨鶏」誕生 社会

工夫をこらし2年ぶりに

7月4日号

鈴木武氏(七島町在住)が県民功労者に

鈴木武氏(七島町在住)が県民功労者に 文化

ビルメンテ業界牽引で

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 7月11日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク