神奈川区版 掲載号:2017年6月15日号 エリアトップへ

(PR)

大腸内視鏡検査の重要性 結束医師に聞く「大腸がんの症状」

掲載号:2017年6月15日号

  • LINE
  • hatena
消火器内科の結束医師
消火器内科の結束医師

 横浜駅西口にある神奈川歯科大学付属横浜クリニックで消化器内科を担当する結束貴臣医師に「大腸がんと検査の重要性」について聞いた。

 国立がん研究センターの2014年の統計では、日本人ががんで亡くなる人は4人に1人で、大腸がんで亡くなる人は全体の第2位。特に40歳を過ぎると罹患率が上がるとも言われている。

 大腸がんの原因は、主に食生活の欧米化、たばこ、過度の飲酒、運動不足などが挙げられ、「初期症状は部位によって異なるが、多くは血便や下痢と便秘の繰り返し、貧血、など便に関する症状が多い」という。

 「大腸がんは症状が出てきた時にはかなり進行している危険性があります。40歳以上になったら早めの検査をお勧めします」と結束医師。同クリニックでは検査前に腸をきれいにする前処置を行うほか、希望があれば、検査時に発見したポリープの切除もしている。

市民公開講座7月8日(土)

 「胃・大腸内視鏡検査でみつかる病気」について日暮琢磨医師が無料講座を開く。参加希望者は、7月7日(金)までに地域医療連携室【電話】045・313・5047へ事前申し込みを。

神奈川歯科大学附属横浜クリニック

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-31-6

TEL:045-313-0007

http://www.hama.kdu.ac.jp

神奈川区版のピックアップ(PR)最新6

季節の移ろい感じる妙蓮寺

季節の移ろい感じる妙蓮寺

東急東横線「妙蓮寺駅」すぐ目の前

9月16日号

無料の合同行政相談所

無料の合同行政相談所

10月12日、桜木町駅前で

9月16日号

コロナ禍はいつまで続く?

内科医の視点から見る 横浜クリニック

コロナ禍はいつまで続く?

9月18日(土)、オンライン講座

9月9日号

「見せない」補聴器

マルイシティ横浜地下1階

「見せない」補聴器

オープンセール実施中

9月9日号

カラスの被害を回避

ゴミが荒らされる、糞、鳴き声…困っていませんか? ヒット商品

カラスの被害を回避

植物性で環境に優しい野鳥忌避剤

9月2日号

ブロック塀改善工事に補助

横浜市

ブロック塀改善工事に補助

10月31日までに事前相談を

9月2日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook