神奈川区版 掲載号:2017年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

横浜北線馬場出入口 トンネル工事で地盤沈下 首都高が住民説明会

社会

亀裂が入ったJR横浜線の擁壁
亀裂が入ったJR横浜線の擁壁
 首都高速道路横浜北線「馬場出入口」=鶴見区=のトンネル工事の影響から地盤沈下が発生した問題で、首都高速道路株式会社神奈川建設局は8月27・28日、周辺住民に対し説明会を行った。神奈川区内では、西寺尾第二小を会場に100人以上が参加。これまでの経緯や家屋補償などについて説明を受けた。

 馬場出入口トンネル工事に関する住民説明会は、西寺尾第二小のほか菊名小や馬場小でも行われ、松見町4丁目町会や松見西寺尾町内会など、現場近くの7町内・自治会の住民らが参加した。

ひび割れ被害

 説明会は、住民の質問に同社が答える形で進んだ。地盤沈下が最初に確認されたのは2015年1月。住民からの情報提供がきっかけで、住宅の塀などにひび割れが見つかり、JR横浜線の擁壁にも数mにわたり亀裂が入っていたという。

 原因は、トンネル工事に伴う地下水位の低下。昨年4月に、第三者機関が同工事に起因する可能性がある地盤変動を確認。同社は対策を講じ、現在は収まっているという。地盤沈下の発生エリアは、工事前の地盤調査の対象外だった。

 同社はプライバシーの観点から被害状況を明かしていないが、担当者は説明会で「引き続き慎重に工事を進めるとともに、被害の把握に努める」と述べ、相談窓口を設けたことを発表した。一方、説明会に参加した市議は「被害の出ているエリアや件数などを公表しない方針は、裏を返せば調査を依頼しない限り、何もしてくれないことと一緒だ」と指摘している。

 問い合わせは同相談窓口【電話】045・439・0764へ。

神奈川区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

専門学校が被害者支援

「はれのひ」問題

専門学校が被害者支援

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

臨海部の区民利用施設が連携

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

地区セン花壇を整備

錦台中ブロック

地区セン花壇を整備

2月1日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク