神奈川区版 掲載号:2017年12月21日号 エリアトップへ

インターンプログラム 神大生が「共働き子育て体験」 民間企業との共同企画

社会

掲載号:2017年12月21日号

  • LINE
  • hatena
子どもに手洗いをさせようと興味を惹かせる学生
子どもに手洗いをさせようと興味を惹かせる学生

 神奈川大学(男女共同参画推進室・就職課)とスリール株式会社(堀江敦子代表)はこのほど、これから就職を控える学生に向けて、共働きの家庭で子育てを経験する「ワーク&ライフ・インターンプログラム」を実施した。学生らは共働きで子育てを行う家庭を訪問。保育園の迎えや食事など子育てを体験し、保護者などから話しを聞くことで、「自らのキャリアを考えるきっかけとなった」と話す。

 スリール株式会社は、「自分らしいワーク&ライフの実現」をテーマに共働きしている子育て家庭と学生を結びつけ、家庭内インターシップ事業を実施している。神奈川大学人間科学部で「ワーク・ライフ・バランスとバーンアウト」をテーマに研究する荻野佳代子教授が、スリール株式会社を外部講師に招いたことをきっかけに交流がスタート。この度、荻野教授が同社と就職課などを引き合わせ、共同企画のインターンシップが実現した。

 インターシップには、書類選考で選ばれた8人の学生(2年〜3年)が参加。横浜市の協力で「よこはまグッドバランス賞」認定企業による「ワーク&ライフ」の取り組み紹介などをしながら、事前の研修を受け1人2日間の家庭内インターンを行った。

「就職の視野広げたい」

 8人の学生は、職種、業務内容に重点を置くだけの就職活動ではなく、生活の部分もイメージしながら考えられるインターシップに興味を持ち参加。2日間にわたる家庭内のインターンでは、保育園の迎えや食事、子どもとのふれあいなどを実践。保護者に共働きで生活する大変さや楽しさ、工夫していることなどをヒアリングした。

 このプログラムに参加した人間科学部3年の里見悠希さんは「インターンを通して、社会人になって自分が生活している姿をイメージができたので、より身近に就職のことが考えられるようになった。ただ就職場所を探すのではなく、自ら思い描くプランを実現できるように過ごしていきたい」と感想を述べた。

神奈川区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

古眼鏡をタイに寄付

六角橋メガネの太田

古眼鏡をタイに寄付 社会

現地へ届け20年間

10月17日号

羽沢小6年生が新駅視察

羽沢小6年生が新駅視察 教育

まちの変化テーマに

10月10日号

傷病人の命、住民が救う

七島町

傷病人の命、住民が救う 社会

長谷川さん、藤原さんに表彰状

10月10日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月3日号

防犯栄誉金章を受章

旭ケ丘在住岡田孝さん(83)

防犯栄誉金章を受章 社会

長年の功労に光

10月3日号

「my防災マップ」作成

神奈川区

「my防災マップ」作成 社会

10月中旬めどに全世帯配布

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月3日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク