神奈川区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

木造住宅耐震改修 市補助金30万円増額中 来年3月末までの工事完了で

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
耐震金物を設置した築50年の建物
耐震金物を設置した築50年の建物

 大地震で倒壊の恐れのある住宅を減らそうと、横浜市は今年度、1981年5月以前に建築確認を受けて着工した旧耐震基準の木造住宅について、耐震改修工事の補助限度額を30万円増やす措置を取っている。

 最大震度7を計測した阪神・淡路大震災の犠牲者の9割近くは、家屋や家具などの倒壊による圧死だ。倒壊した建物の多くは旧耐震の建物だったという―。

 こうした過去の地震の被害状況から、市は旧耐震木造住宅の耐震化の促進に取り組んでいる。今年度は、2019年3月末までに工事が完了する場合(申請の締め切りは10月ごろ)に限り、限度額75万円(非課税世帯は115万円)の耐震改修補助を30万円増額し、限度額を105万円(非課税世帯145万円)に引き上げている。

旧耐震基準市内約16万戸

 旧耐震基準の建物は、震度5程度の中地震に耐えるように設計されている。市内にはこうした旧耐震の木造住宅が多く、「住宅・土地統計調査」(5年ごと)によると、市内に約16万戸あると推定されている。

 壁補強や基礎部分の補強、屋根の軽量化などの適切な耐震改修工事を行えば、古い家でも地震に対して強くなる。市では「信頼」「安心」を基準に選んだ「横浜市木造住宅耐震改修促進事業登録業者」約250社をホームページ上で公開中。神奈川区内の14社が登録されている。

 市の担当者は「すべての旧耐震住宅が対象ではない。地震に対しての安全性や耐震改修の必要性を知るためにも、まずは耐震診断を受けてください」と呼びかけている。

 詳細・問い合わせは、市建築局企画部建築防災課【電話】045・671・2943へ。

神奈川区版のトップニュース最新6

三ツ沢小が「大賞」に

日産財団理科教育賞

三ツ沢小が「大賞」に 教育

考え深める教育が高評価

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月15日号

梅雨明けから急増

熱中症

梅雨明けから急増 文化

10代・高齢者の搬送目立つ

8月15日号

「誰もが輝ける社会を」

神奈川小6年椎名柚さん

「誰もが輝ける社会を」 教育

平和スピーチ大会で入賞

8月8日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 社会

民間企業と連携

8月1日号

菅田小跡地利用を検討へ

菅田小跡地利用を検討へ 社会

委員会が発足

8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月22日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク