神奈川区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

菅田町在住杉田さん(76) 紙芝居上演10周年 岸根公園で毎月1回

文化

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
子どもたちの前で語る杉田さん
子どもたちの前で語る杉田さん

 2009年からボランティアで紙芝居を披露している菅田町在住の杉田勇さん(通称・紙芝居おじさん)。岸根公園で毎月1回行っている紙芝居が上演10周年を迎えた。4月27日の開催日も多くの親子が駆け付け、2作品を楽しんだ。

 毎月第4土曜日に開催している岸根公園での紙芝居。10周年を迎えた4月27日の上演には、親子約30人が集まった。この日は『おいしいものなあに?』『アンパンマンとばいきんまん』の2作品を披露。杉田さんはBGMを流し、子どもたちに積極的に声をかけながら、物語の世界へ引き込んでいた。

 孫を連れていた女性は「なつかしい。また見たい」と話していた。

ボランタリー賞

 杉田さんは横浜開港150周年の09年に、山下公園で紙芝居を始めた。電動車いすに乗った「紙芝居おじさん」は瞬く間に話題となり、公園や幼稚園、施設などで上演を続けてきた。その数456回。こうした活動が評価され、14年には県からボランタリー活動奨励賞を受賞している。

 発声練習を行い「分かりやすく、切れ味よく、感じよく」を意識する。神奈川区の伝説や歴史にまつわるオリジナル2作品も制作。観客に見えやすいよう、通常B4サイズの紙芝居をB3サイズに拡大し、専用の舞台も発注して上演に臨んでいるという。

目標は500回

 杉田さんは「子どもたちの笑顔が元気の源。公園職員の協力が支えとなっている」と10周年を振り返り、「体力的に厳しくなってきたが、500回を目指してがんばりたい」と抱負を語った。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

羽沢小6年生が新駅視察

羽沢小6年生が新駅視察 教育

まちの変化テーマに

10月10日号

傷病人の命、住民が救う

七島町

傷病人の命、住民が救う 社会

長谷川さん、藤原さんに表彰状

10月10日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月3日号

防犯栄誉金章を受章

旭ケ丘在住岡田孝さん(83)

防犯栄誉金章を受章 社会

長年の功労に光

10月3日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

9月26日号

「my防災マップ」作成

神奈川区

「my防災マップ」作成 社会

10月中旬めどに全世帯配布

9月26日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月3日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク