神奈川区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

神奈川消防団 団員増 決め手は積極広報 総務大臣から感謝状

社会

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena
受賞を喜ぶ田辺元団長(左)と星野消防署長
受賞を喜ぶ田辺元団長(左)と星野消防署長

 区内で防災活動にあたる神奈川消防団が、団員の確保に積極的に取り組み、地域防災力の充実に努めている消防団に贈られる「総務大臣感謝状」を受賞した。全国2千を超える消防団の中から43団に贈呈され、市内では神奈川のほか鶴見・山手・南・磯子の5団が賞状を受け取った。

 神奈川消防団には、2018年4月から翌19年3月にかけて男女66人が入団。18年12月には定員430人に対して充足率100%を達成し、現在も団員数を維持している(20年3月1日時点)。

 入団者が増加した要因を、3月まで団長を務めた田辺省二さんは「消防団員による積極的な広報活動によるもの」と分析する。出初式や区民まつり、防災訓練などの大型イベント時には消防団の活動をPRするブースを設け、団員作成のチラシや広報誌を配布。子どもが遊べるガチャポンを設置して付き添いの保護者にアンケートを取り、消防団の活動に興味があるという人の勧誘にも力を入れてきた。

 18年10月には、建設機械や重機、船舶を運用する区内企業4社と協定を結んで「大規模災害特装部隊(陸上部隊・水上部隊)」を横浜市内で初めて結成。大規模災害時に水陸の両面から活動支援を得られるようになり、各社から21人が消防団に入団している。

区民密着の組織に

 神奈川消防団は毎月実施している救命指導者講習会をはじめ、防災指導や訓練、中学生への防災スクールなど地域防災力を高める活動に日々取り組んでいる。

 田辺元団長は「区民と密着した消防団を目指し活動してきた。団員を含め普段から隣近所との付き合いを大切にして、AEDや包帯の使い方などを訓練を通じて少しでも身に付けてもらい、いざという時に自助・共助に役立てもらうことを意識していた」と振り返る。

 同団では女性団員の増加も顕著で、1997年度に採用して以来人数を増やし、現在は77人と全体の約18%を占めるまでに。今年度は分団所属の女性団員2人が初めて本部に抜擢されることもあり、「女性目線の防災活動」が広がることも期待されている。

神奈川区版のトップニュース最新6

市内家庭ごみが急増

市内家庭ごみが急増 社会

外出自粛のあおり受け

6月4日号

未利用野菜、ズーラシアへ

つま正

未利用野菜、ズーラシアへ 経済

飼育動物の餌に活用

6月4日号

横浜空襲の記憶後世に

横浜空襲の記憶後世に 社会

体験者ら招き報告会

5月28日号

事業者に個別で感染対策

感染症専門医の河野医師

事業者に個別で感染対策 社会

自粛後の生活様式を考案

5月28日号

ひとり親家庭 食で支援

【Web限定記事】

ひとり親家庭 食で支援 社会

飲食店店主ら 弁当無料提供

5月21日号

生活困窮者の相談窓口開設

【Web限定記事】

生活困窮者の相談窓口開設 社会

県、かながわ県民センターに

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月2日20:30更新

  • 5月27日12:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日19:51更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク