神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2024年4月18日 エリアトップへ

神奈川工業高定時制 デジタル端末貸与を実現 地元企業連携では全国初

教育

公開:2024年4月18日

  • X
  • LINE
  • hatena
貸与式で生徒に目録を手渡す小原支部長(右)
貸与式で生徒に目録を手渡す小原支部長(右)

 神奈川工業高等学校定時制では今年度、新入生に対しデジタル端末の貸与を行った。企業とコンソーシアムを結成することで、全生徒に貸与を実施するのは全国初。1人1台端末による授業づくりや、企業と連携した新たな学習機会の創出が期待される。

 今回、同校と日本SPR工法協会南関東支部=港北区=、(一社)スマートニッチ応援団=金沢区=の三者で結成されたのが、「定時制3.0DXスクールコンソーシアム」だ。老朽化した下水道や排水管の修理施工などを担う企業会員からなる同協会は、担い手育成などで若者との接点を求めていた。そこで、横浜を中心に企業・団体や学生と連携した企画やイベントを開催している同法人が間に入り、今回の連携が実現した。

 同協会の支援により、今年度からの新入生に対してはタブレット端末が支給され、通信料負担もない。また、会員企業による出前授業やインターンシップの実施などで、生徒たちに仕事現場を知る機会を提供し、次世代の人材育成も目指していく。デジタル端末の管理や修理等は同法人が担当する。

人材育成に期待

 GIGAスクール構想における1人1台端末は、2022年度入学生から高校でも促進されている。一方で、学校側から支給される小中と異なり、高校での端末の整備は各家庭に委ねられている。「社会に出てからのことを考えても、デジタル人材の育成は急務。特に定時制の生徒は、端末を用意するハードルも高い環境にある中、それをサポートすることができる今回の連携は大変ありがたい」と片受健一校長は感謝を口にする。企業と連携し全生徒にデジタル端末の貸与が行われるのは高校では全国初の試み。当初は来年度からの導入予定だったが、片受校長の熱意もあり前倒しでの実現となった。

 4月9日に行われた入学式の後には、貸与式も実施。同協会の小原章裕支部長から代表生徒に目録が手渡された。その後は、コンソーシアムの関係者と21人の新入生で記念撮影も行われ、満面の笑顔が広がった。

 小原支部長は「40以上の会員がいるので、たくさんの現場を見て、その上で自分の好きな道に進んでほしい」とエールを送った。片受校長も「学校現場に積極的に企業や外部の団体を巻き込んでいくことがこれから大切になる。今回の取り組みがモデルケースになってくれれば嬉しい」と笑顔を見せた。

神奈川区版のトップニュース最新6

「楽しい」を地域に発信

ロッカクパッチ

「楽しい」を地域に発信

オリジナルビールで縁日

5月23日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月23日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月16日

土曜開放を毎週化

中央卸売市場水産仲卸棟

土曜開放を毎週化

一般利用者の拡大図る

5月16日

新校舎へ引越し

新校舎へ引越し

菅田の丘小学校

5月9日

社宅を消防訓練に提供

太陽油脂株式会社

社宅を消防訓練に提供

解体前に地域貢献

5月9日

中古住宅買取りならテイルウィンド

法的手続きもサポート 片付いていない古い家もそのまま売却できます

https://www.tailwind-yokohama.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook