宮前区版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

宮前区全町内・自治会連合会の会長に就任した 杉田 進さん 菅生在住 67歳

「つながり」を「絆」に

 ○…6月1日付けで会長に選ばれた。折りしも今年は宮前区誕生30周年という節目。「30年といっても自分の中ではほんの10年前くらいの感覚。あっという間に過ぎたなぁ」と時の流れに目を細める。「多くの皆さんの声を聞きながら地域の発展をめざして頑張りたい」と柔和な笑顔で意気込みを語る。

 ○…蔵敷自治会、向ヶ丘地区連合町内会で会長を務め、今年度は市連副会長も務めることとなる。「組織が大きくなるにつれ、単会だけの考えではなく、広い視点での発言が求められる難しい役割」と苦笑する。束ねる自治会・町内会活動は多岐にわたるが、特に昨年の東日本大震災以降、変化が見えてきたという。「いざという時に頼りになるのは隣近所。そのために普段から何が必要かを住民自身が考えるようになった」。重点課題としても地域の防災体制の充実などをあげる。

 ○…大学卒業後、海洋開発で使われる測量機器の会社に勤務。その後、独立を経て、家業である農業の道を志したのは50歳をすぎてから。師である父はすでに亡くなり、農協の後継者学校などで農業のいろはを学んだ。当時高校を出たばかりの長男と二人三脚で「受け継がれてきた農地を守っていきたい」と汗を流してきた。農薬はできるだけ使わず、形は悪くても安心して食べられる野菜をつくっている。5年ほど前からはその長男に切り盛りを任せ、自身は一線から引いた。「自分が自治会活動に専念することで長男の成長にもなる」とニコリ。

 ○…兼任する30周年記念事業実行委員会の会長として、7月1日に宮前区総合庁舎で開かれる式典と祭りへの来場を呼びかける。「30周年をきっかけに、区民の間に色々な『つながり』ができればいい」。趣味は旅行。国内はもちろん海外にも精力的に足をのばす。「つながり」を「絆」にかえる宮前区の自治会・町内会の活動を力強くけん引してもらいたい。
 

宮前区版の人物風土記最新6件

鈴木 市藏さん

第30回川崎市自治功労賞を受賞した

鈴木 市藏さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

川瀬 典宏さん

川崎青年会議所の第68代理事長に就任した

川瀬 典宏さん

1月26日号

河合 来夢(らむ)さん

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す

河合 来夢(らむ)さん

1月19日号

四宮(しのみや) 菊乃さん

女子ボクサーとして史上最年少で3月、プロデビュー戦に挑む

四宮(しのみや) 菊乃さん

1月12日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク