宮前区版 掲載号:2012年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

甲子園でベスト8に輝いた桐光学園野球部の監督を務める 野呂 雅之さん 大和市林間在住 51歳

飽くなき向上心を胸に

 ○…甲子園で桐光ナインを初のベスト8に導いた。監督として指導を続け今年で28年目。今夏は選手一人ひとりが互いに力を引き出せる雰囲気がチームにあると感じた。松井裕樹投手の力投をはじめ、選手の奮闘で目標の全国制覇まであと一歩のところまでたどり着いた。今、選手らに伝えたいのは、この経験を財産として次に活かすこと。「あと一歩のところで敗退したからには何か足りないものがあったはず。その課題をそれぞれが見つけてほしい」と振り返る。

 ○…1961年、東京都新宿区生まれ。幼い頃は父と神宮球場へ野球観戦に行くのが楽しみだった。高校野球、六大学野球、プロ野球と観戦し、特に白とエンジのユニフォームを着た強豪の早稲田実業が眩しく映った。憧れの早稲田実業に進学後は野球部で猛練習し、3年でレギュラーの座を勝ち取った。早稲田大学教育学部に進むと、指導者を志すようになった。「野球人としてだけでなく、ひとりの人間として選手らを導きたいと思った。社会に出て困らないような人間に育ってくれれば」

 ○…数々の熱戦を征した采配には、全国が注目した。監督として大きな決断を迫られる時、頭の中を整理したい時には、なるべく体を動かすようにしている。水泳やランニングをしながら試合展開をイメージしたり、チームが危機に陥った場合を想定する習慣が今大会でも大いに役立った。

 ○…母校へ戻る新幹線の中ではすでに秋大会のことを考えていた。甲子園での経験がチームを強くしたという周囲からの評価もあるが、試合までの準備期間があまりないことから「気を引き締めて臨まなくては」と慎重な姿勢を崩さない。「3年生が抜けたチームはまさに新チーム。甲子園の結果に慢心することなく、またひとつ一つ積み上げなくては。選手たちには、常に前を向き、自分を成長させられるような向上心を持って挑んでもらいたい」
 

宮前区版の人物風土記最新6件

鈴木 市藏さん

第30回川崎市自治功労賞を受賞した

鈴木 市藏さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

川瀬 典宏さん

川崎青年会議所の第68代理事長に就任した

川瀬 典宏さん

1月26日号

河合 来夢(らむ)さん

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す

河合 来夢(らむ)さん

1月19日号

四宮(しのみや) 菊乃さん

女子ボクサーとして史上最年少で3月、プロデビュー戦に挑む

四宮(しのみや) 菊乃さん

1月12日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク