宮前区版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

『せいじのみかた』Q&AVOL.45 企画・制作/日本維新の会 県議定数2減では不十分、維新「17減」を主張採決臨めず苦渋の退席 神奈川県議会議員 飯田満(日本維新の会)

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena

 「今条例案における削減幅は到底、納得できる内容ではない」。飛び交う野次をかき分けながら、こう発言し、3年前の戦で有権者の皆様と約束した議員定数削減について議場でハッキリと主張しました。

 県議会は20日の本会議で議員定数107人から105人にする通称「議員定数条例」を可決させました。 議員定数の根拠は、8つの常任委員会に13人の委員を必要とし、これに議長を加え105人だそうです。

 その根拠に私は「議員定数を結論づける根拠として県民の皆様が納得するか疑問だ」と質した上で、維新の会の主張である人口約10万人に対して議員1人とし、神奈川県では90人とすることを主張、他会派の賛同を得ようと可能性を信じ提案してきました。

 「可能性を信じ」とは、3年前の県議選直前、民主党は「90人」とする条例案を提出、みんなの党は「89人」としていたことがあったからです。しかし両党共、今回『105人』と尻すぼみ。

 私は、採決で「更なる削減が必要」とし、しかし『反対』では議員削減そのものに反対と受止められるため、採決に臨めないとして、苦渋の選択として退席しました。定数削減について3年前に約束した公約にこだわり続けてまいります。

「納得できる内容ではない」とはっきり主張しました
「納得できる内容ではない」とはっきり主張しました
各党会派の3年前の削減案
各党会派の3年前の削減案

神奈川県議会議員 飯田 満(日本維新の会)

川崎市宮前区菅生1-4-51

TEL:044-978-1128

http://www.iidaman.net

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!ご存じですか、住民の権利!

イノベーションは川崎から!

宮前ガバナンス11月号  連載寄稿

イノベーションは川崎から!

〜川崎を起点に成長戦略を〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

11月19日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!今、鷺沼で起きていること!

経験と知識、総動員で

インタビュー

経験と知識、総動員で

経済財政・再生担当大臣 やまぎわ大志郎

10月15日号

「変えよう。」

意見広告

「変えよう。」

立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月15日号

防犯力の向上を求め!

宮前ガバナンス10月号  連載寄稿

防犯力の向上を求め!

〜決算審査特別委員会で質問〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook