宮前区版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

『せいじのみかた』Q&AVOL.45 企画・制作/日本維新の会 県議定数2減では不十分、維新「17減」を主張採決臨めず苦渋の退席 神奈川県議会議員 飯田満(日本維新の会)

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena

 「今条例案における削減幅は到底、納得できる内容ではない」。飛び交う野次をかき分けながら、こう発言し、3年前の戦で有権者の皆様と約束した議員定数削減について議場でハッキリと主張しました。

 県議会は20日の本会議で議員定数107人から105人にする通称「議員定数条例」を可決させました。 議員定数の根拠は、8つの常任委員会に13人の委員を必要とし、これに議長を加え105人だそうです。

 その根拠に私は「議員定数を結論づける根拠として県民の皆様が納得するか疑問だ」と質した上で、維新の会の主張である人口約10万人に対して議員1人とし、神奈川県では90人とすることを主張、他会派の賛同を得ようと可能性を信じ提案してきました。

 「可能性を信じ」とは、3年前の県議選直前、民主党は「90人」とする条例案を提出、みんなの党は「89人」としていたことがあったからです。しかし両党共、今回『105人』と尻すぼみ。

 私は、採決で「更なる削減が必要」とし、しかし『反対』では議員削減そのものに反対と受止められるため、採決に臨めないとして、苦渋の選択として退席しました。定数削減について3年前に約束した公約にこだわり続けてまいります。

「納得できる内容ではない」とはっきり主張しました
「納得できる内容ではない」とはっきり主張しました
各党会派の3年前の削減案
各党会派の3年前の削減案

神奈川県議会議員 飯田 満(日本維新の会)

川崎市宮前区菅生1-4-51

TEL:044-978-1128

http://www.iidaman.net

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

補正予算案、コロナ禍に対応

県政報告

補正予算案、コロナ禍に対応

県議会議員(自民党)持田文男

7月29日号

「戦争を繰り返さないで」

市政報告

「戦争を繰り返さないで」

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

7月29日号

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

一人によりそう。明日へつなぐ 議会報告

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

7月29日号

安心して子育て出来る、街づくりを!

宮前ガバナンス7月号  連載寄稿

安心して子育て出来る、街づくりを!

〜(仮称)宮前区保育・子育て総合支援センターを整備へ〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

7月15日号

物価高騰対策として国の交付金活用を提案

市政報告Vol.40

物価高騰対策として国の交付金活用を提案

川崎市議会議員 矢沢たかお

7月8日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!ロケーション利用とアリーノ予約!

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook