宮前区版 掲載号:2014年5月16日号 エリアトップへ

かわさき就職チャレンジ事業 「伴走者とともに正社員の道を」 インテリジェンス社担当者談

社会

掲載号:2014年5月16日号

  • LINE
  • hatena

 若者よ、失敗を恐れないで――。川崎市主催の「かわさき就職チャレンジ事業Ⅴ」が6月からスタートするのを前に、同事業を実施する人材派遣大手の(株)インテリジェンス担当はエールを送る。

 依然として厳しさの残る新卒未就職者の就職環境。ただ、就職内定は二極化が進みつつあり「内定をもらう学生ともらえない学生との差がはっきりしているように感じます」と同社は指摘する。「真面目、受け身、おとなしい子ほど、その割合が高い」とも。

 かわさき就職チャレンジ事業は、何十社と応募したけど、内定を取れず自信を無くしてしまっている子をはじめ、フリーターなどでなかなか正社員になれないという40歳未満の若者らを対象に社会人としてのスキルを身に着け、職場実習を行い、最後は正社員として実習した会社への就職を果たすことを目的としている。

 「実は就職内定をもらえないという子は、本人の希望と向いている職種が合わなかったり、就労観がわいていないというケースも少なくありません」。そこで同社が実施する事業では、カウンセラーがさながらマラソンの伴走者のように寄り添い、時に相談に応じ、時に好きなもの、苦手なもの、楽しかったこと、嫌だったことなど過去の自分を振り返ったりしながら、職業意識をふくらませ、就職へと結び付ける。

 現在、市内各地で説明会(詳細はhttp://haken.inte.co.jp/Chiiki_kanto/kawasaki/pjt/student/shinsotsu.html)。

 詳細は【フリーダイヤル】0120・557・066。
 

宮前区版のローカルニュース最新6

拉致被害に関心を

拉致被害に関心を 社会

横田めぐみさん写真展

5月20日号

キャッシュレス納付推進へ

川崎北税務懇話会

キャッシュレス納付推進へ 社会

北税務署と連携、周知図る

5月20日号

体育室利用不可に

宮前スポセン

体育室利用不可に 社会

天井改修工事で半年

5月20日号

献血を呼びかけ

区内RC

献血を呼びかけ 社会

48人が協力

5月20日号

10年ぶりに全幕公演

ワイダンスカンパニー

10年ぶりに全幕公演 文化

教え子、海外からも

5月20日号

お待たせロビコン

お待たせロビコン 文化

5月27日、向丘出張所

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook