宮前区版 掲載号:2015年1月16日号 エリアトップへ

区内外で中国の民族楽器「二胡」の音色を届けている中学生奏者 畑澤 舞奈さん 区内在住 14歳

掲載号:2015年1月16日号

  • LINE
  • hatena

「二胡の魅力伝えたい」

 ○…二本の弦を弓で奏でる中国の民族楽器「二胡」。中学生でありながら演奏歴は11年。大人と同じ舞台に立ち、人々の耳を楽しませている。「様々な場で演奏して、二胡をもっといろんな人に知ってもらいたい」と、中学校の文化祭や出身小学校のイベント、区内のデイケアセンターなど地域で活動。また、都内の東日本大震災復興応援イベントにも毎年参加している。「皆が『二胡』と聞いただけで、この綺麗な音色が頭に浮かぶようになったら嬉しい」と、二胡の魅力を伝え続けていく。

 ○…二胡との出会いは3歳の時。母に連れられ観に行ったデパートのコンサートで初めて聴いた。その日から二胡のCDが大好きに。別のデパートで演奏者と再会し、自ら「教えてください」とお願いする姿に母もびっくり。以後、都内の教室でレッスンを受け続けている。5歳で初めて検定に合格し、小学5年生で講師レベルの5級を取得。昨年の「第17回長江杯国際音楽コンクール」では民族楽器・中学生の部で優秀賞を受賞した。「これからは体を動かしながら表情を豊かにし、表現力をつけていきたい」と次のステップを目指す。

 ○…4人家族の長女。小学2年生の妹も一緒に二胡を習っている。「自分の小さい頃に似ている」と懐かしむことも。背丈は約170cmと親譲りの高身長。「先生に間違えられることもある」と苦笑い。一方、二胡の教室では大人に囲まれて娘や孫的存在。「いまだに小さい子扱いされる」というのも愛されている証拠だ。

 ○…一昨年から区内の中高生による文化祭「みやまえ文化魂」にも出演している。昨年は実行委員として舞台づくりを経験した。「皆で作り上げる達成感を得られた」と新たな興味が湧き、舞台づくりの講習にも行ったという。将来の夢については、「これからも自分でやりたいと思えることを見つけて挑戦していきたい」と、好奇心旺盛な中学生らしい笑顔を見せた。
 

宮前区版の人物風土記最新6

神園 佳昌(よしあき)さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌(よしあき)さん

幸区在住 35歳

1月14日号

山田 和穂さん

2年ぶりに再開した稗原小算数ボランティアのまとめ役を務める

山田 和穂さん

菅生在住 56歳

12月24日号

松山 知明さん

各種歯科健診などの取り組みを進める

松山 知明さん

川崎市歯科医師会会長 62歳

12月17日号

都倉 建藏さん

宮崎町内会長として宮崎台小芋ほり交流などに取り組む

都倉 建藏さん

宮崎在住 76歳

12月3日号

田原 田鶴子さん

シェアオフィス ノクチカで個展「氷と後光」を開いた

田原 田鶴子さん

宮崎在住 65歳

11月26日号

ジョン ジエイさん

鷺沼ロータリークラブの奨学生で、細胞学の研究に励む

ジョン ジエイさん

世田谷区在住 26歳

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook