宮前区版 掲載号:2015年10月2日号
  • googleplus
  • LINE

来年のU―20W杯出場権を獲得したU―19女子アジア選手権のメンバー 三浦 成美さん 区内在住 18歳

笑顔の下に隠れた闘志

 ○…8月末に中国で開催された19歳以下の女子アジア選手権のメンバーに選出され、決勝戦を含む試合に出場。見事優勝し、来年開催される20歳以下の女子ワールドカップの出場権を獲得した。「すでになでしこリーグで活躍している候補選手が多い中で選ばれ、アピールしてきた部分が認められ、素直にうれしかった。ただ、大会では優勝はしたが、まだまだスピードやパワーで足りない部分を痛感したので、さらにトレーニングを積んでいきたい」と意欲がたぎる。

 ○…サッカーを始めたのは兄の影響。小学4年でレベルアップを目指し地元のクラブチーム「FCパーシモン」に入団。女子は1人だけだったが、信頼できる監督の下厳しい練習に耐え、中学1年でなでしこリーグ「日テレ・ベレーザ」の下部組織となる「メニーナ」のセレクションを受け合格した。「パーシモンでの経験が精神的な自信になっている」。高校1年で17歳以下W杯の代表に選ばれたが大会直前の練習試合でケガをし、落選。「悔しかったが、いい経験になった。支えてくれた人への感謝やケガ人へのケアもできるようになった」と、人間的な成長を自覚する。

 ○…普段は学校が終わると練習場へ向かい、帰宅するのは午後10時近く。もう慣れたそうだが、遠征などもありテスト前は大変だとか。「でも両立させたいので、成績は落としてないですよ」と気の強さを見せる。反面、学校では「いじられキャラ」だそうで、ディズニーが大好き。友達からは「いつも笑っている」と言われ、取材中も笑顔が絶えない。

 ○…ポジションはミッドフィルダー。「点も取れる選手になりたい」。来春のベレーザへの昇格も決まった。「まずはU―20W杯メンバーに選ばれること。そして、なでしこリーグで活躍することを目指して、意識を高く持ち、一つひとつの技術を磨いていきたい」。近い将来、最高峰の舞台で弾ける笑顔に期待したい。

宮前区版の人物風土記最新6件

鈴木 市藏さん

第30回川崎市自治功労賞を受賞した

鈴木 市藏さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

川瀬 典宏さん

川崎青年会議所の第68代理事長に就任した

川瀬 典宏さん

1月26日号

河合 来夢(らむ)さん

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す

河合 来夢(らむ)さん

1月19日号

四宮(しのみや) 菊乃さん

女子ボクサーとして史上最年少で3月、プロデビュー戦に挑む

四宮(しのみや) 菊乃さん

1月12日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク