宮前区版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

第64回川崎市書道展で市長賞を受賞した 山本 寿子さん 野川在住 69歳

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena

自分流を探求し続ける

 ○…市書道連盟と市文化協会が主催する第64回川崎市書道展で応募総数327点の中から市長賞に輝いた。これまで20回以上出展し昨年の次点など受賞作は多いが、最高賞は今回が初めて。「まだまだ欠点が目立って会心の出来という訳ではなかった」と自身の作品を眺めて振り返るが、「市長賞という身に余る賞をいただけて嬉しい。これを機にまだまだ頑張らないとね」と更なる意欲を見せた。

 ○…初めて書に触れたのは小学生時代。近所に書道教室があったことで自然に通うようになった。一度書道を離れ就職、結婚、子育てを経てひと段落した頃に、知人の紹介で高津区で開かれる教室に顔を出した。そこで講師の書に魅了され、以来30年以上作品を書き続けている。「もともと書くことが好きで。自分の楽しみとしてずっと続けられるものをと考えたら書道に行きついた」と話す。紙の質や筆の速さ、滲みの変化などで限りない表現ができる書道。「思いを込めたものが作品として出来上がるのは素敵ですよね」と温かい笑顔を見せる。

 ○…高津区溝口出身。子ども時代の溝口は田んぼや川など自然が多く、のどかな街で日が暮れるまでかくれんぼやゴム飛び、石蹴りをして遊んだ。のびのび育ったからか、友人からは「小さなことは気にしない性格」と言われることも多いとか。現在は夫と2人の息子と4人暮らし。主婦業の合間を縫って書道に打ち込むが、両立は家族の理解があってこそ。「自由に続けさせてくれる家族に感謝したい」と話す。

 ○…自身の作品づくりに加え、月に4回ボランティアとして高齢者に書を指南するなど、書道漬けの毎日を送っている。「これまでは課題をこなすことで精一杯だった。活動の幅を広げたことで自分の勉強にもなっている」と大好きな書を日々楽しんでいる。様々な人に出会い、多くの作品に触れることで新たな”山本流”の書の探求を続ける。

宮前区版の人物風土記最新6

影山 亥史郎(いしろう)さん

みやまえJUN-CAN会議とみやまえエコPPKの代表を務める

影山 亥史郎(いしろう)さん

有馬在住 72歳

10月4日号

石塚 三郎さん

50周年式典を開催した県営有馬団地自治会の会長を務める

石塚 三郎さん

東有馬在住 78歳

9月20日号

松下 幸子さん

絵本の読み聞かせボランティアを13年続ける

松下 幸子さん

宮崎在住 83歳

9月13日号

中山 紳一さん

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月30日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月23日号

松井 夢二さん(本名 昭廣)

宮前区文化協会の会長に就任した

松井 夢二さん(本名 昭廣)

土橋在住 76歳

8月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク